日本人の性意識
- 2013/08/24(Sat) -
このブログのあちこちで書いてあるように、

日本人の性意識はアメリカの映画やテレビ番組の影響下にあるからアメリカの亜流なのだ.



そして、アメリカという国は、日本人が思っているほど世界水準ではなくて、


文化の面では数千年の歴史を持つヨーロッパには遥かに劣っている.


性的なことでも、アメリカ的な異性観ははるかに後進で、それを日本人は真似ることで国際的だと勘違いしている.




________________




あなたたちが、先進的・世界的・スマート、等おもっているアメリカ式の対異性への態度は、


ヨーロッパ基準でいえば、下劣卑猥な象徴なのだと知るがよい、日本人よ.

もしも世界が長く今後も続いたら、日本の今の時代は、「アメリカの影響下にあった日本人の精神の低迷時期」
と定義されるかもしれないのですよ.

先日、ネットで観たテレビで 「最近、アメリカへの留学生の数が激減しているんです! 危機ですよ!」
とのたまわっている、「教育界のドン」 と自他ともに称する人がいたが、


アメリカ離れ、大結構、世界はアメリカばかりではない、

ヨーロッパの優秀な学生はとっくにそれを知っているから、アメリカに留学したいなんて者に私は会ったことがない.



* * *




学ぶなら、深い歴史伝統をもつヨーロッパの諸国人に学んでみるがよい.


それができねば、日本人は、いつまでも、


「男が女を従属させ、集団暴行も当たり前に行う、ポルノ大好きの、性産業花盛りの、見下げた国」


のイメージを払拭できはしないと知りたまえ.





h


(2010.12.30.記)

この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スウェーデン人とつきあうために
- 2013/08/23(Fri) -
ずっと以前、私のこの画面の左から私宛にメールが送られてきて、「知人のスウェーデン人男性と親密になりたいがどうアプローチすればよいのか」 という趣旨の質問をされた。
具体性がないので返信できなかったが、一般的なことであれば、ここで最低限のことを述べておこうとおもう。


私が知るスウェーデン人は、主にウプサラ大学の教員とその学生たち(多くはドクトランド)なので、その点で偏りがあることをご容赦願いたい。



1.時間厳守
時間にルーズなのは相手に好印象を与えない。「厳守」 とは、1分もたがえない、ということである。



2.相手を尊ぶ
「イケメン」 などという言葉がある日本では、相手の外見でつきあいを望む男女が多いだろうが、
スウェーデン人は、相手を知り、その内面を自分が十分に尊敬し
たいせつにできるまでは親密なつきあいは始まらない。
そのステップを跳び越そうとすると警戒される。



3.対等
学生はみな、日本的な 「男が女におごる」 という観念をもっていず、むしろ、それを滑稽なものと考える。
男女は対等、お金は貴重なもの。



4.コンドーム
科学的知識の豊富な彼らは、HIV感染についても成熟した認識をもっている。



5.静かな時間
スウェーデン人は相対的に、人の多い場所にいっても、周囲の迷惑になるような騒音を出すことも、その圏内にいるのも好まない。他人とはある程度の距離をとって自分の空間をもつことを好む。



6.真摯な話題
話題には、低劣なジョークや人を笑わせるネタ話は不要。
そのような内容でスウェーデン人はあなたと話すのをおもしろい、とは思わない。
自分の生活のたいせつな問題をどのように考えているかを話すことで、
誠実に生きていることを示すほうがよい。



7.スウェーデン語
スウェーデン人はマーケットのレジ打ちのおばさんでも英語を流暢に話せるが、
相手とその家族と親しくなりたければ、スウェーデン語を話すほうがよい。
子どもや老人は英語を話さない。
また、スウェーデン人は自国語に誇りをもっている。



8.質素
アルコールが高額で、酔うことにも厳しい目をもつスウェーデン人も、遊ぶときは夜を忘れて遊び飲む。
しかし一方、金銭が有限で、責任をもって使用するべきこともわきまえている国民である。
金を湯水のように蕩尽することは彼らの倫理に沿わない。



9.いのちを尊ぶ
日本人の子どもがアクションヒーローの真似をしても幼稚園の先生は制止する国の人間である。
パートナーを肉体的に苦しめることは許されない。
あらゆる意味で暴力は嫌悪される。
それは、言葉によるものでも同様。



10.争わない
スウェーデン人は他者との紛争を好まない。
また、いわゆる金切り声を上げての怒鳴り合いをアメリカ人のようには行わない。
静かな声で、おだやかに語りかけることで話し合いをもつべきである。



〈どれもこれらは、私の経験、私が私の周囲にいた人々とのつきあいで学んだことですので、人により個人差があることはどうかご了解ください。しかし、ここに挙げたことは、どれも人として当たり前のことではありませんか?〉



s



(2009.3.9.記)

この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
死の態様と心意気
- 2013/08/23(Fri) -
街猫が一匹轢死したので、私たち住民は行政のごみ袋に任せず、心を籠めてその親族が眠っている土地に埋葬した.

その母猫は、片目で、最初のお産の子はみな飢え死にし、二回目のお産の子も、台風のさなか安全な場所を求めて咥えて彷徨した挙句、二匹となり、その一匹も餓死し、最期の娘を遺して逝った.

崇高さと気高さを備えた生であった、と言えば、あまりにニンゲン的観方にして通俗すぎるということになろうが、

私の周囲のニンゲンどもを見るにつけ、その下劣さに呆れるほどに、小さき毛物たちの優等性を思い知る.


* * * *


私は心筋梗塞で倒れて救急車で搬送されているときに、なぜかほっとし、

なすべきことはなした、というおもいから、

救急隊員に 「このまま安楽死させてくれませんか」 と穏やかに言ったが、

その後出会った島の医師によると、ニンゲンは、ふつうは死の瞬間、断末魔の叫びをあげるそうだ.


ほんとうにそうなのだろうか.

私のように、遺すものも、惜しむものもないような者には、そういう人の意識が計り知れない.


* * * *


スウェーデンで教わったスウェーデン人の先生のお母様は、その写真を私の拙訳書にも載せておいたが、


死ぬまで郊外で、一族の思い出の品々がある家で、独りで暮らしていらした.


毎週、娘である私の先生が泊りがけで食糧の補給や掃除に行っていたが、


ウプサラ大学そばの彼女のアパートではなく、お母様は、一族の旧家で暮らしていたのだ.


そのお母様の死の瞬間はだれにも知られなかったにせよ、


おそらく、その時は、


クルマの乗り降りのときに私が手を差し出したときに彼女が体を動かすのにちょっと表情を動かした程度にしか


平生とかわらずに死に赴いたのではないか、



と想像することしかできない.








死への態度というのは、


社会制度や国籍とか富の多寡といったこととは無縁に、


ただ、個人の内面の成熟度の問題なのではないか、と思わざるを得ないのである.



u
121123
この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
これこそ 「ルール」 などなきものかと
- 2013/08/22(Thu) -
スウェーデン人はどのように恋愛を始めるのか、
ということを聞かれます.



私は、半世紀以上生きたくせに結婚歴はないし、それにもかかわらず、恋愛は、たぶん
自分でもわからない数はしたかもしれません.


ということは、私は、「恋愛の初段階」 についてだけは、書いてもよいかもしれない、かな?



* * *


といったって、恋愛の始まりなど、スウェーデン人に限らず、たぶん、イギリスでも
アメリカでも、フランスでも、ロシアでも、イタリアでもみんな同じだとおもいます.


スウェーデン人だけが、何か、スーパヒューマンな恋愛日常を送っているかとおもう幻想は、もう、
そろそろ日本人のみなさん、卒業してください.




k





互いに好感をもっているかは、

わかるでしょう.



あとは、それを、醸成させればよいだけです.



学校で、英語や国語が得意な子は才能があります.


会話やつきあいの 「文脈」 から、


あるべき先を読む力があるということですからね.



恋愛こそ、


もしかしたsら、


仕事やスポーツや金儲けとかと違って、


ただ、タイミングと空気読みのみで勝負できる事柄かもしれませんね.




* * *



言葉のほとんど通じないものの親切で思いやりある外国人と
言葉の通じる同国人でも人を無視したり陥れる隙を狙う者と

どちらがつきあいやすいか、カンタンに想像がつくでしょう
あなたのその想像は、正解です.





世界も外国人も、


遠いようで、
近いものです.


同じ地上にいる同じヒト科の生物ですからね.

g


120816
この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
地域期間限定
- 2013/08/20(Tue) -
先島諸島に台風警報が出ました.



私の島にも、明日未明暴風雨圏内との知らせ.



知り合いのマンゴーハウス農園は各ハウスの扉の完全施錠、



私は、各猫に、(もっともかんたんな)外出禁止令.




風に揺れる隣家のバナナの樹を観ながら、八頭の猫どもは、




世界を観ている.




(写真は後掲)

この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
生きる意志
- 2013/08/17(Sat) -
サトウキビ畑の前の日照りの道を痩せた綿くずのような尻尾の短い猫が歩いて、遥か遠く遠くの畑の角を曲がっていった。「情け無用」と言い残して。

この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
外出
- 2013/08/16(Fri) -
柿の種が無性にたべたくなって、深夜零時前の所謂コンビニエンスストアへ行った.



そういう店に行くのは、 新宿区高田馬場でチンピラ大学院生をしていたころ以来だが、



こっちは、猫同様、知り合いに会わないよう壁際に沿って歩いているほどなのに、



店員は、ありがとうございます、またどうぞ、と元気に言うし、こっちは、そんな深夜帯なのに、柿の種315円なのに、至って申し訳ないの一語に尽きる.




しかも、帰ってきたら、もう、飲食すべきでない深夜であることに気づいた.



ホントに、私は、阿呆なのだ.



この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
負い目
- 2013/08/16(Fri) -
トイレに行こうとして、洗面所を開けると猫がいる.

振り返ると猫がいる.

横の風呂場を観ると猫がいる.

この程度で、驚愕し、おびえる私が時にいる. 普段は、

トイレのドアの上にも、風呂場の洗濯物の上にも猫がいるのに.


驚愕する私は、後ろめたい、自分だからだ.


端的に言うと、酔っ払っているときだ. しらふなら、猫がまたぐらの間にいても驚かん.






世間も、


所謂、地位にある者が、


理由は当然ながら、意表を突かれた注意を部下から受けると、


狼狽し、相手を憎み、なかったことにするのだろう.


猫たちのおかげで、阿呆たちの行動理由が証明終了した.




この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ルール違反 あるいは、国へ告ぐ
- 2013/08/12(Mon) -
私がスウェーデンの学生寮にいたころ、



私も、私の隣のニーナも、コリドーの奥のロッタも、



ペット禁止の学生寮で私は猫、ニーナはハツカネズミ、ロッタに至っては室内に檻を作って体長1m以上のオオトカゲを飼っていた.それが、スウェーデン人がする、「ルール違反」である.





* * * * * * * *





日本の沖縄県に私が来て、県庁の仕事を嘱託を受けてしたいたころ、宮古島では、公用車で私用外出するのが当然だった.




私が、住民監査請求すると1年前に言ったら、課長以下が、やめてくれ、とアタマを下げた.




私も、宮古島に日本最長の橋がかかる時であったから、1年猶予する、と言ってその時は県の監査委員に撤回した.




しかし、結局、何も改善されないばかりでなく、公然と私用で公用車を使うのが一層堂々と横行した.




沖縄は、識名トンネル問題で何億と国に補助金を返還しているのに、



まだ、こんなことをしている部局があるとは、いまや沖縄県民となった私としては、




噴飯ものを通り越して、  お前ら、県のニンゲンはド阿呆だろう、と言うしかない.




国よ、堂々と、沖縄県のクビを絞めてやってくれ.こいつらは何も反省していない.




たぶん、日本のすべての人々もそうおもうだろう. 沖縄県庁は腐っている.




そう、私が言うと、沖縄の県職員と地元民は言うのだ




「郷に入っては郷に従え」 という言葉を知ってる? と. 馬鹿者ども.




下衆な土地に住んだら下衆になれ、というのか、ふざけるな! 下衆な土地であろうと、おれは自分の価値を変えはしない.




阿呆どもよ、だから、おまえたちは、



民度が低い、と周囲から言われるのだ.  重々反省しろ、沖縄公務員ども.



(ちなみに、住民監査請求の期間は「その行為があった時あるいはその行為が終わった時から1年以内」である.私が知っているそういう職員は、まだ、勤務している.私が1年前に作った証拠は、当時は職務内の資料からなるもので、監査委員に撤回したものを再送付する.)

この記事のURL | 日本という国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウプサラ大学の学食
- 2013/08/11(Sun) -
私がいたころですから、いまから、15~10年前のことですが、




昼の定食は、ライスとポテトが食べ放題。 私は、助かりました。

米はインディカ米でしたが、そんなこと気にしません。




午後の授業の合間には、そこでコーヒーとか甘いものを食べる学生もいますが、




文科省の奨学金、月額8万円で暮らしていた私は、滅多に利用したことはありません。




先生とは、arbetslunch ということで、昼食に誘われて食事しながら、勉強について

話したことが多かったです。学外のランチは、学食以上にバラエティがありますが、

たぶん、日本人ならば、食べきれないでしょう。パンとポテトなども含めたら。




いま、8月は、スウェーデンの気候は地上最高です。室外の昼食も気もちいいはず。



先生との食事も、単にスウェーデン語学習以上に、頭脳形成に役立ちました。



スウェーデンの大学の昼食は、愉しい記憶ばかりですよ。




20130630-161940.jpg
この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
わだかまりもヒトの属性か
- 2013/08/11(Sun) -
沖縄の人々の内地出身者(ナイチャーと呼ぶ)への不信と警戒は、いまも大人たちから子どもたちへ伝承され続けているんだなぁ。沖縄では、戦後はまだこれからも続くんだ。

内地出身者の私には、沖縄県民も福岡県民も神奈川県民も東京都民もみんな同じだと子どものころ学校で「沖縄返還日」を覚えたときからずっと思えていたが、その思いは、片思いであることを半世紀以上生きてわかった。

スウェーデンに行った時も考え方の違いをいくつも体験したが、それは、学習すべきその国の制度に基づくものだったから、面喰らっても笑顔で納得できた。

沖縄での内地出身者への意識は、こちらの出身を聞いて「えっ! もしかしてナイチャー?!」と言うや身を引いて猜疑の眼差しを向けるが如き、何か、日本の各地にある、差別意識に基づいているようだ。内地でも、特定の人々の集団を差別忌避する事例がある。沖縄ではそれを他の同国民全体に対して行うとすれば、ある意味、それは、県民性にもうなっているのだろう。

一大人として残念なのは、子どもたちがそうした県民性を直接に、あるいは間接にまとわされて、自らの世界と視界を制限していることだ。それは、沖縄県自身のためにならないのだが、「屈辱の日」を敢えて声高に称揚しようとする沖縄県民の一部が示すように、いまだ、

周囲との調和と自身の成長

よりは

自分自身の由来を前面に掲げることで自分たちが強くなっているとおもっている人々が、いまもなお、日本の南にいらっしゃる。
ヒトとヒトの対立は、国レベルから職場学校レベルまで、むしろ、それがないことのほうが希少なのかもしれないが、

対立意識を伝承しようとする努力は、

ニンゲンの営みとして、

きわめて悲しい行為のようにおもわれる。



k




この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
無限
- 2013/08/09(Fri) -
最近、沖縄の離島のさらに郊外に別に家を借りて学校生徒の勉強をみにいっている.




そこの、ドーベルマンを8匹飼っている家の小学3年の女の子が言った.




━ ねえぇ、今度、猫を4匹くらいつれておいでよ。




━ いいよ。でも、うちの猫はみんな怖がりだから、初めて会った人がいると出てこないよ。




━ じゃあ、に、二回目くらいなら、出てくる?




━ 二回目、って、会っても次の日にはまだ怖がっているとおもうよ。一週間たってくらいかな、きみの机の上に来るのは。




━ わかった!




子どものこういう発想が、隔てない、無限の領域と柔軟さをもっているのだ.どんな日本の大学教員にもないものを.





20130622-175240.jpg




この記事のURL | 次世代 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
とりあえず、お答え
- 2013/08/08(Thu) -
スウェーデンに銭湯はあるか、





というお問い合わせですが、





「公衆浴場」 的なものは、大きなトレーニングジムにはありますが、






ふつう、私が行っていたような、その地域のジムはただのシャワーです.






「公衆浴場」 的に、裸でつきあいができるのは、






たいていの施設にあるサウナ室です.






どこかのここの記事に書きましたが、






学生寮のどの建物でも最上階はサウナ室で、男女が予約で個人でも使えるようになっています.






一人で暖まりに行くもよし、大勢で、日本のように、裸でさわいで、






暑くなったら、屋上の雪の中に飛び込む、というのが私のスウェーデン時代でした.






それを、同じ階の女子たちが見ていてきゃぁきゃぁさわいでいたのも、愉しい記憶です.






でも、彼女たちは、サウナ室を出て雪の上で転げまわる私たちを見て、どうしてはしゃぎ騒いでいたんでしょうね.それが、スウェーデン人なのですよ、きっと.




3114424-Uppsala_Old_Town_Uppsala-1.jpg
Uppsala
この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
便利なだけで外国人に尊ばれている日本
- 2013/08/08(Thu) -
その、とりあえずの便利と安価から食品や衣類を買うと、





目を閉じたくなるような、がっかりしたおもいにみたされる、日本では.





手で開けられないようなパッケージ、





「手で開けられます」 とその専門の会社が入っていながら濡れている指では切れないパッケージ





破片が飛び散る衣類のタグ、・・・・・





バカだなぁ、日本人、





あるいは、私が、もっと法律に通じていたら、





そんなウソ企業は片っ端から賠償請求してやるのに.





スウェーデン人なら、どんなパッケージでもモニター調査するから、





指のおぼつかない老人とか、料理途中で油に濡れた指で切れないパッケージに
「手で開けられます」
などという表示は決してつけはしないし許さない.




くだらないことかもしれないが、「人にやさしい」 とは、こういうことから始まるのだ.





逆に、




表面は慇懃丁重でも、所詮は利益先行、嘘ついても買わせればよし、という国は、





文化国家とは、真の先進国たちは本音では認めてはいないのを、そろそろ日本人よ、知るがいいのだが.









20130720-104947.jpg
この記事のURL | 日本という国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
基本様式は異種でも同じ
- 2013/08/08(Thu) -
私は目覚めたら、とりあえず、ふらふらするアタマでベランダのドアを開ける.




ダービー馬のように、数頭の猫が未明の朝の大気の中に特命を帯びた忍者のように飛び出しゆく.






任務を終えて帰ってくる時間は猫によりまちまちだ.






ものの1時間くらいでさっさと帰って腹ごしらえをするものは、その後、一日中涼しい空調の室内で寝て過ごす.






どんな重大任務なのか、一日中戻ってこないものたちもいる.彼ら彼女らは、帰宅すると食事もそこそこにぐったりと寝入る.任務の重さがそこでうかがい知れる.





そんなやつらと共棲しているのだから、私の務めなどはその忍者たちの世話の合間にしかできないことになる道理だ.室内トレーニングにも彼ら彼女らは余念がない.







任務中に亡くなってしまうものは、見つけて遺骸を埋葬することも多い.





ええい、もう、おまえら勝手にしやがれ、こっちも壁際に寝返り打ってやる.




20130801-195959.jpg


20130802-130959.jpg


20130801-195927.jpg






この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
記憶の負担
- 2013/08/05(Mon) -
「記憶の負担」 という言葉は、森 鴎外が作った表現だ.
周囲から耳にはいった低劣な語彙がいつまでも頭脳から抜けないことを嘆いた言葉である.


私は同棲していたころを除けば、18歳で独り暮らしをするようになってから、テレビを持たない生活をしてきた.
否応なしに耳から入る他人の言辞に選別を設けようとしたからだが、
それでも、人生で出会ってきた人々の低劣な言動の数々は、
頭脳ではそれらを許し、あるいは、諦めているのに、
記憶の領域からはなかなか消えてくれそうもない.
それが、人生なのだろう.


もっとも、その記憶力のおかげで、私は、いまもスウェーデンの建物のゆかのしみまで覚えている.
感動的だった人々のすばらしい言動も記憶から消えることはない.


いまごろは、ウプサラも、粉雪が舞い始めているころだろうか.


ap


(本記事は2007年10月11日に書かれた.)


この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
私が映画 『TROY』 を自分の生徒に観せる理由
- 2013/08/04(Sun) -
Love とかいうものが国を滅ぼすことさえある、ということと







男と女は裸で寝ていてもなんら大騒ぎすることではなく、紀元前から当然のことであると示すことと







愛する者の死を大声で嘆き悲しんでよいことと、







勝利の喜びは、よきものかもしれぬが所詮、真実永遠のものではない、ということ、などを観せ、






かつ、


そして何より第一に、







無題j





アキレス役のブラッド=ピットが敵武将を斃した後の 、



「おれには王などない」
(字幕なしの原語 'He(=Agamemnon) is not my king.' の私の翻訳だが)




という、ただひと言を、聴衆たる生徒に確言したいがためである.




無題p


そうなると所詮、授業も、私の趣味なのか.



ああ、あとは、






地球人が誇る文学文化は、古代のインドとギリシャなのだ、ということを言うためか.








日本で英語を教えて飯を食っているくせに、



英語よりも雄渾で豊穣な歴史をもつ言語が過去現在いくつもある、と言い続ける私のささやかな行動証明の一つである.




20130801-195913.jpg
この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
反コンピュータ頭脳
- 2013/08/02(Fri) -
ヒトが、コンピュータの前で空費する時間は人生でどれほどになるのだろう.




私たちは、アップル社やウインドウズの商売の好餌になっているだけなのではないか.




江戸時代の侍のほうが、よっぽど、無駄な時間なく清澄な精神で生きていたような気がする.




55歳の私のコンピュータとのつきあいは、スウェーデン留学中の40歳ぐらいのときから始まった.




それ以後、私の頭脳は進化していないような気がする.




それ以前の、サンスクリットの文学作品の全単語をノートを切った紙でインデックスを作ったことや、




分厚い辞書や外国語の文法書を読んで参考書を書いていたころとか、




シュリーマンのように、ドイツ語の勉強でヘッセのいくつかの作品を丸暗記した時の遺産で、




いままで仕事をしてこれたような気がする.  




私は、コンピュータ時代の前に子ども時代を生きて幸せだったとおもう.





哀れむべきは、いまの子どもである.




親がコンピュータを与えると、勉強のあとで、コンピュータの前で時間を空費してまた疲れ、




中学生でも授業中に居眠りするという.




いったいどうなるのか.





株式売買とか、高度な科学研究をしている人々は別にして、




私のような、言語のニンゲンは、コンピュータなしで生きられる.





かくいうこのブログだって、ほんとうは、せずに済ますべきことなのだろうな.



20130802-124148.jpg


この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
去りて ゆく
- 2013/08/02(Fri) -
私が沖縄の離島に住んでいるのは、別に 「沖縄憧れ」 からではなかった.

当時、南極そばの国と、西アジアの大学と、中国の大都市の学校など、
採用は決まっていたが選択しかねていた転職先への途中下車として
日本の南端に立ち寄った形だった.
ささやかな学習図書を断れずに書いた結果、出版社との関係上 日本にいる必要があった.


その後、東京にいる知人たちのほとんどが、
私が半分遊興気分でここにいるとおもっているらしいのを伝聞した.


「沖縄」 という名前が、東京の人々には、

特に価値あるものを生産しないで午睡している人々の土地、

というイメージを喚起するようだ.
土地の人々には心外だろうが、私もそういえば、ずっとそうだったかもしれない.


東京にいたときに週末親をしていた、いまはもう中学2年になる娘が、やはり周囲にこうもらしたそうだ.


「ジン(私の本名である)さんは、映画館も美術館もないような島に行って、どうしてるんだろうね」


私と彼女は、毎週末、上野で動物園と美術館など、東京駅で書店と食事、を常習としていたからだ.



m




銀座や新宿のさまざまな洋服店は私にはつとに無意味だった
自分の肩幅にあった上着とワイシャツは特定のデザイナーのもの
それらを洗いに出すのも宅急便で特定の店.靴も特定の店のもの
目新しいものは不要で、それよりは、身体を鍛えるほうが大切
スウェーデンでの生活の影響か

とっくに研究以外の活動を制限してきたから、いまさら娯楽にも興味ない
その研究も自分の行き着ける景色は見たから、もうよくなった
たまに読みたくなる内外の図書はネットで手に入る

東京にいれば、会いたい人、会ったほうがよい人と接する機会がたえずあるが
まあ、人生で、まったく違った文化習慣をもつ人々と接するのもまたよいかもな

映画は……まあ、数ヶ月遅れでネットで観ればいい
どうせ、日本に来るものは、ヨーロッパの数ヶ月遅れが普通なのだから
南方ではうまい寿司やサラダの店を諦めることになるだろうが、
我慢できるまでは肉料理でいいか

スウェーデンで購入した革コートたちとは、半永久的におさらばだ
南の湿気でカビがはえるかもしれないから、知人に預けゆくのが最善だ

mj






大切なもの、って人生でそう多くない.




愛する相手がひとり、自分の精神を知る子ども  これらはどこにいてもよい

携えゆくものとしては、

腰に合ったジーンズ2本と、肩と腕に合ったTシャツ4枚

コンピュータ2台と、落ち着く眼鏡3つ

世界の塵にまみれてきたカバンと、靴3足



これらがある限り、私は、またどこへでも住みにゆける

たとえ、それが、冥土とかいうところでも




m


091029
この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
老い対若さ
- 2013/08/02(Fri) -
夏休みである




離島にいる




クルマで移動することが多いので、否応なく、NHKの 「子ども科学電話相談」 というような番組を聴くことになる





回答者は、さぞ、立派な研究者ばかりだろうが、





子どもに対して 「~だと理にかなうのね」 のように、語尾だけ子ども言葉にすればその前は何を言おうとかまわない先生方がいらっしゃる.




私が、沖縄県の嘱託で土地買収の交渉につれて行った若い女性も、しゃべらせたら、




老人の土地所有者にたいして、赤ちゃん言葉を使って、さも相手が、痴呆のボンクラのような扱いをした.




私がその若い女性をそのあと使用しなかったのは無論である.





子どもであろうと、





老人であろうと、





相手を半人前扱いして事を為したとおもう者の精神は、ヒトの観方に誤りがある.





難しいことをわかりやすい言葉で説明し、





かつ、相手に、対等な言葉を使う、これが、正常な話し合い、ということだ.





日本のメディア教育活動家たちよ、 しっかり、 努力せい.




20082006(007).jpg


この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
受験の勉強とは
- 2013/08/02(Fri) -
(本記事の一部は本年1月13日に書かれたものである.)


大学入試センター試験まで1週間をきり
私のところで机を使いにくる受験生たちも、緊張顔あり、お気楽顔あり、個性が鮮明になってきた。


センター試験は、英語に関していえば、じっくり腰をすえて考える性質の頭脳が要求されているのではなく
たとえば、外国人と会話するときに、相手の話のポイントを押さえつつ本質を推測理解するような、
いわゆる、言語活動の実際場面で有効な全体把握能力のスピードと適切な精度が要求されている試験である。


だから、センター試験に不向きな性格の子、向いている性格の子というのもそれぞれある。
私のこの島の生徒のなかでは、
自分が大好きで、いつも前向きで、あまり立ち止まって悩まないタイプの子は高得点を挙げるようだ。


◇◆◇◆◇◆


大学入試というのは、あくまでも通過点なので、全速で駆け抜けてしまうにこしたことがない。
本当の学問は、大学院に行くころになって始まるものだ。
大学受験生だったころの私はそこがわからず、
受験勉強に真っ向から対峙してしまったために余計なことで頭脳を無駄使いした。
理系の学科では、数学の公理体系を始めから勉強したり、
生物なら岩波のオパーリンの著作を数千円で買って読んだりした。
そんなものより、千円くらいで買える受験参考書を覚えたほうがずっと受験に関しては有効だったのに。
文系の科目でも、そもそも外国人の人名であれこれ想像した。
たとえば、どうしてローマの皇帝の名前はみんな 「~ウス」 で終わるのか、
インドの釈尊はブッダと呼ばれるが、どうしてか、
英単語では、-eで終わる単語が多いのに、どうして、発音には最後に 「エ」 が入らないのか、
などといったところで、勉強は停滞し、つまらなくなるか、とことんまで調べようとしたりした。
それで、行きたかった某国立大学の理学部は不首尾で、仕方なく私立大の文学部に滑り込んだ。
もっともそこで、サンスクリットという、数学に劣らぬ魅力ある言語と知り合ったし、
古代北欧語の論文でスウェーデンにまで留学させてもらったのだから、人生どうなるかわからない。

ラテン語のusは男性名詞語尾だとか、ブッダは、自動詞 「目覚める」 の過去完了形で、自動詞なので受け身でなく完了の意味を表し、意味は 「目覚めきってしまった人」 で、語形変化は、古代イラン語の研究者Barthoromae提唱による法則の現れ、英語の-eは語尾で、ゲルマン語間で-anだったりもする部分で、意味の本質はその前部分、gameだったら、gam-の部分で、そこが 「愉しみ」 の意味。だから、gamanと書く地域・時代もあったわけで、日本語の 「我慢」 をローマ字で書いたらゲルマン人には 「愉しみ事」 という意味になってしまう・・・・・・

まぁ、いまの私のようなニンゲンが従兄か家庭教師にでもいたら、私のような受験生は適切に軌道修正されたのだろうが、当時の私は独りで暗中模索していた。

自分が受験時代悩んでいた知識は、大学にはいってからわかった。私は無駄なことにアタマを使っていた受験生だったのだ。その意味では、大学にはいってから目が開く人も私のようにいるはずで、よく、転部・転入してくる大学生に優秀な人がいる、というのもこのあたりの事情からなのだろう。


受験勉強は、あくまでも、総得点をいかに上げるか、そこのみに工夫と努力を傾注すべき作業で、
決して、本質を究めようとする勉強であってはならない。
しかし、決められた時間内で高得点を挙げるための工夫をする能力もまた、人生には必要な能力なのだから
若者は、ほんの数か月は、そこに全精神力体力を傾注してもよいのである。



若者よ、努力せよ。


頭脳をもまた、肉体同様鍛えよ。



後の世界は、きみたちのものだから。




b


この記事のURL | 次世代 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
最近わかったこと
- 2013/08/01(Thu) -
NPO法人に属して、そこが、給与を支給せず、内部的には職員とは認めていない人間や、既に辞めて活動とは縁を切り、こちらでも内輪で飲んでは冷笑のネタにするような人々さえも、いまだにホームページ上では他の職員と同等に名前を挙げ、組織の体裁を虚構している実態を知った。

「NPO」 といっても、私が知ったところは、組織としては不透明な部分が多すぎ、一部の人間の愉楽のために多くの人々の善意の活動や献金、助成金が使用されている。

ニンゲンだから、愚かさも、快楽志向もある意味しかたないとも思えるが、私が見たものは、犯罪、とまでは言わないが、大きな 「罪悪」 であると言える。彼らのなさけなさで胸がいたむ。(本記事は2007年7月に書かれた。)

m

(筆者撮影)
この記事のURL | 日本という国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |