2013 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2013 08
図書
- 2013/07/31(Wed) -
私が東京で週末親みたいなことをしていた娘が現在中2で、

いまの離島の私のところにくる生徒のうちで、「読書したいが本がない」 という女子が中1で、

夏休み用に2人それぞれにいくつか本を選んでやった中に、

プラトンの 『ソクラテスの弁明』 の文庫本も入れた.


私がそれを読んだのは高校を出てからで、

それからプラトンをあれこれ読み、

受験生時代は英訳で読み、大学でドイツ語を学んで買ったレクラム版は暗記し、

古典ギリシャ語を勉強したときも最初に読んだ思い出深い図書だ.

つまり、外国語勉強に、私は、ヘッセとともにこの図書を常用していたわけだ.



プラトンもソクラテスも、はるか昔々の、異なる文化の、異なる人種の、異なる言語の人間で、


その精神を、現代の私も、また、中学生もこのように接することができるというのは、


「図書」 というものの存在のおかげ、

彼らの精神を尊いものと考え伝承してきた悠久の人々の連鎖のおかげ、

そして、外国語間相互の研究者のおかげ、
また、その末裔たる研究者や翻訳者のおかげでもある.


ニンゲンの文化も、そうそう愚かなものばかりでもないのだった.

s



(本年8.16.記・改)

この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
who says
- 2013/07/31(Wed) -
「ニンゲン、とかは嘘つきばっかりだし、






ご自慢の機械も誤作動多し、






コンピュータとやらも我等どんな生物の思考よりも遅いし単純.







ばかばっか、だな、ニンゲン世界、って.」





k


この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
original
- 2013/07/30(Tue) -
昨日、私のところに勉強にくる小学生のお母さんがみえて、その子が
学校で他の生徒を突き飛ばしたり、集団と同じことをしない、と担任に注意されたと相談をうけた。

みんながなにかしていてもその子は参加しない、と担任が怒ったそうだ。

みんなと同じである必要なんかない、と私はお母さんに言った.
自分をもっているということはよいことです、
みんなと同じことをやらせようとするのは教師や職場管理者のエゴにすぎません、
そのほうが管理しやすいですからね.
他人をほんとうに傷つけるようなことだけはいけないが、
私のところにいる息子さんは、素直で積極的に勉強する子です.
もっと彼がすることを周囲が受け入れてやる必要があります.
担任の言うことは気にしないでいいですよ.


私はこれまで、自分の思うとおりに部下や学生がならないとその者を攻撃・排斥する上司や教授をしばしばみてきているので、
そのような 「自分の権限に酔っている者たち」 はニンゲン的愚の典型だとわかっている。


*  *  *  *  *



それにしても、子をおもう親の気持ちはありがたい。
私は自分の子をもっていないので、肉親の愛ゆえになやむ苦労をはたでみて
ただ、ただ頭が下がるおもいをするばかりだ。

それに比べたら、生徒の芽を摘み、自分のおもうように育てようとする教師はいかに低劣か。
同じような職場管理者もまた然り。

こんな手合いは、いつまでたっても、細菌のようになくなることはないんだろなぁ。

だからこそ、そのような者の愚を闡明してやる者もまた必要にならざるをえない。



m
(筆者2007年夏撮影)

090626
この記事のURL | 次世代 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
まなざし
- 2013/07/30(Tue) -
猫は、ヒトの科学者のような目をしている.




彼女らの指が筆記能力・キーボード操作能力があったなら、




特に力学で未知の真実を明かすだろう.




しかし、よいのだ.




ヒトの社会も、世界も、真実は明かされないもののほうが圧倒的なのだから.





この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
消日
- 2013/07/30(Tue) -
夏休みなので、小学生中学生高校生がなにするでもなく町で時間をつぶしていたりする.






それも楽しいのだろうが、





大人になると、





もっともっと愉しくて気持ちよいこととか、不安で緊張することとかが、たくさんたくさんあるのになぁ.






いまは、いま為すべきことを懸命にしておればよいのに、





とおもうのは、私が所詮教師だからだ.

わるい思考癖だ.



この記事のURL | 次世代 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
努力の幾ばくかは、どう?
- 2013/07/27(Sat) -
「スウェーデンは理想郷か」 という質問を受ける





アホ、と言いたいから、答えない





スウェーデン人は、日本人より、子どもにやさしく、弱いものにやさしく、国土を重んじ、寛容な人々である、





というだけで、





理想云々でスウェーデンをあれこれ分解議論するのは噴飯ものなのだ









実体験しろ






そんなサイトがあるなら、管理者も含め、自分が、成長しろ







というだけのことだ.   







せめて、   よく生きよ、    日本人たちよ.







09082006(010).jpg

この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
そんなこと
- 2013/07/27(Sat) -
私を知る人々よ、




もう、五十五だから、






昔のように、ジム一番重い重量を上げる引くということができないし、していない






心筋梗塞をしたときに、救急で、医師から、ステロイドをしているか、ならば、できない注射をする、






と言われて、当然、していない、と答えて助かった.





いまは、身体を何も動かしていない. 猫を抱くのがせいぜいの運動だ.






それなのに、





きのう、島の中二生たちから、「先生はなんでそんなに筋肉があるのか」 ときかれた






無論、私は、「そんなことはないよ。私はもう、ふつうの中年オヤジだよ」 と答えたのである.





20130609-185918.jpg




この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
専門家よパート2
- 2013/07/27(Sat) -
猫がなくのは




73%は、はら、が、へったとき




20%は、抱いてほしいとき、




残%は、室温を調整してほしいとき、





では、ありませんか?




071124_1551~02


この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
専門家よ
- 2013/07/27(Sat) -
正方形を二つ並べると落ち着く







精神的に、これは正常なのか?







専門家よ、私に審判をしてくれたまえ.









21082006(006).jpg



この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
異種と子どもたちとの日々
- 2013/07/26(Fri) -
夏休み



実社会とは別の



子どもたちと教育者の特別な日々



私には



他人の地域の子どもたちと



猫たちとの日々。



予期しない



いや、



日本での学生時代も



スウェーデンでの学生時代も



仕事をしていた東京でも



いつでも、それが私の日々だった。



予想通りの人生の終盤、ということか。






この記事のURL | いまも | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いまごろ50後半になってわかったところで
- 2013/07/21(Sun) -
愛するものにかけるエネルギーと





しなければならないこと、求められていること (つまり、仕事) にかけるエネルギーとの





バランスと維持が、重要なんだな.






昔の恋人たちよ、すまん、いや、


ごめんなさい








それを教えてくれたのは、って? もちろん、同居者さ.






20130623-185526.jpg


この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日本人の男の性意識
- 2013/07/21(Sun) -
日本人の多くの男は、若いもんも中年も、なぜあのように、こと女性のことになると、色めき立ち、目の色かえ、カネでなんとかしようとするのか。その結果、人生でもっと価値あることに振り向けられるべき集中力と体力を無駄に費やしている。
スウェーデン人男性は女性に 「おごる」 ことすらしない。スウェーデン人女性は日本人男性の 「おごり癖」 を愚かなこと、と断言している。

日本人の男は、その我が身が、発情したオス野良猫がタキシード着て紳士らしくしようとしている姿に見えて自分で滑稽不自然に思わないのか。それも、不思議を通り越して憐れに見える。


スウェーデン人の男の方が、人生のずっと早い時期に女性について客観的な知識を得、実体験も済まし、そして、老齢になってもパートナーとセックスしている。


それでも、いや、それだから、スウェーデン人の男は、性的な事柄に扇情されないのだろう。


いまだに憐れむべきは、牢固奇矯な日本社会である。いったい、いつになったら、日本人の民度は地球人の上位に入れるのだろう。来世紀には、頼むぜ、いま私を見上げている子どもたちよ、きみらが親になったころには、きみらの子どもの力で日本を精神的に開国させてやってくれ。


この記事のURL | 日本という国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「スウェーデン人の性格」 とか
- 2013/07/20(Sat) -
これまでにもたびたび書いているが、




「スウェーデン人の性格」 といっても一様ではない.




私のスウェーデン語からの翻訳書 『スウェーデン人』 の書評にもある読者によって書かれているが、




人の性格というのは多分に個人が受けた教育と環境影響によって決まるので、




スウェーデン人でも性意識に囚われた妄人もいるだろうし、




日本人だって、男女あるいは児童に対する意識が高度にスウェーデン人的な者もいることだろう.





まして、かく言う私が知るスウェーデン人にしても、





北欧最古のウプサラ大学の主としてドクターコースの学生と教員とその家族がつきあいの相手だったから、





当然にそこで、私のスウェーデン人観についても偏りがあるはずなのである.





ただ、言えることは、  私が書いたことはすべて私が引き受けた真実である、ということと、




私がしたような経験を、日本人はなかなかできないだろうが、しかし、そういう日本では想像できないようなことがふつうに起こりうるのがスウェーデンだ、という単純な事実である.





だから、言うのだ.





行ってみるがいい.





日本の大学や企業では経験しないような、




のびやかな異性観、実力主義の徹底、労働に対する厳格な倫理観、人の技能に対する正当な尊敬、





といったことが、





明瞭に浸透していることを実体験できる場所だから.




きっとだれもが、日本人のスケールに比して、世界人との距離および次元の違い認識して、とりあえず赤面冷や汗猛省せざるをえなくなる場所だから.

そうならなくて、スウェーデン人のほうがわるい、と言っていた日本の某有名大学の先生がいたが、その人は留学中スウェーデン語さえ覚えず、日本人研究者とだけかたまって過ごしていた人物だった.まあ、日本という土俵内に限定すれば、私よりその人のほうが高給取りにはなっているが.








スウェーデンは、そんなふうに、





学ぼうとする謙虚な意欲があるなら、人生についていろいろと気づかせてくれる場所である.








3114424-Uppsala_Old_Town_Uppsala-1.jpg
この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
功績
- 2013/07/18(Thu) -
新しい仕事の交渉に行くのに鞄の中を整理したら、前職の給与明細が出てきた.






なぜか、猫がそれにとびつき、びりびりに噛み破いた.





少しいい気分であった.




20130612-043109.jpg




この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
若い人
- 2013/07/17(Wed) -
人生は若者には無限のもののようにおもえるだろうが、




出会うことができる人も、観ることができる風景も有限だ.




しかし、その数少ない人や土地との感化で、




人は決定的な変革を遂げることになる.




すると、悪しき環境に生きる者は救いがないかというと、そう単純ではなく、




悪を観ても、そこで強さを獲得することができるのは、本人の問題なのだ.




環境がつまらない、と言いたいこともあろうが、環境そのものはどうでもいいこと、本質的なことではなく、




こんな居場所はつまらねぇとおもったら、自分が自分の意識をつまらなくしているのだとおもい、




この退屈な状況から何をおもしろくすることができるか、自分を愉しませる工夫をするのが正しい.




かくして、




出会う人の言葉ひとつ、吸った空気の一息で、人の人生は方向が決まり、明知が授けられることもあるのだとすれば、




自分の周囲をもっとよく観察してみるがいい.




どんな年長者のことば、どんな年少者のまなざし、どんな社会慣習の影響、どんなものでも、




それを、わが身の善と強さへ吸収するにはどうすればよいか、そここそが、




若い人よ、




たいせつなことなのだ. そして、通り過ぎてしまった人と土地からは、たいせつなものを獲得できないでしまったことになるかもしれない、と、




たえず、目を覚ましていることだよ.




20130503-223054.jpg

この記事のURL | 次世代 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
- 2013/07/17(Wed) -
「気」 とか 「気合」 「殺気」 とかは、




マンガか、伝説上の偉人達人の話かとこの齢までおもってきたが、




どうやら、私のような凡人にもそれはあるらしいと猫が教えてくれる.




プロフェンダーとかフロントラインといった薬剤をもって近づこうとすると、




背中を向けて寝ていたものが、きっと鋭い眼光で振り返り、次の瞬間、ソファやベッドの下に走り込む.




私の、絶対に薬を塗布するぞ、という悲壮の決意が伝わるのか.









また、机に向かっていても、どうでもいいサイトを観ているときの私には無関心なくせに、




重要な書類を書いているときには、その書類の上、もしくはコンピュータと私の間の狭い空間にふてぶてしく寝そべる.




同じ気合でいる私に対しても、その気合が自分に向けられていると感じれば、逃げ、




他者に向けられているとわかると、それをあざ笑うかのように遮断しようとする.




曲者どもめら六頭に囲まれ、私の弱い心臓はますます休まることはないのである.





20130417-153021.jpg
この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
年寄りまであと2つ
- 2013/07/16(Tue) -
原題もその英訳ままの邦題 『世界最速のインディアン』 という映画を一度も会ったことのない人からネットを介して勧められたので観てみた。

バイク乗りの話で、主演アンソニー=ホプキンス。

心臓がわるくニトログリセリンを常用し (これは私と同じ) 、時に胸痛にうずくまり (私はそれほどではまだない) 、直線路でオートバイの世界最速記録を出す (無論こんなことは私はできない) ジジイの話である。私はあと2つ為せてもよいものがあるというのか。まいったな。カンタンには死なせてもらえない。
この記事のURL | 死 - 終焉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
風の通りみち
- 2013/07/16(Tue) -
猫がいつも私のベッドの左足方向の隅で寝るので、試しにその位置に横になってみたら、網戸から涼しい風が当たる位置だった。冬場は私の両脚の間で寝たがるのに。いい場所を教えないとは冷たいやつだ。いや、冷たい、のはやつの態度で、夏場の猫はこっちが飛び上がるほど、熱い、から。

この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
中老人の連休の夕方
- 2013/07/14(Sun) -
イーストウッドの 『夕日のガンマン』(原題の For a Few Dollars More で検索するといい)




を観終わったあと、




『Kickass』 (ここで、意味不明とおもうが.私がダウンロードしたのは外国のサイト) の1時間36分20秒から




観続ける. 理由?  音楽が同じだから. 例の、アレ.




歩きすぎたあとで、後ろ半身にもう一発撃ち込むところも同じ.




ええと、・・・もうジジイには、リンクの仕方も、わからん.




1317370974537.jpg





ちなみに、後者の映画は、英語構文で説明し甲斐のある発言や、世界観で話したいこととか多いので、



 

私の塾では希望生徒に観せる教材でもある.
この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
台風
- 2013/07/12(Fri) -
台風の暴風雨圏に入った今朝




バナナの樹の下にしゃがんで雨風に打たれながらお隣のおばあさまと話したら、




━ 農家の人にはわるいけど、台風が来てよかったぁ!




とおっしゃる。私がほほえみつつけげんな顔をしたからだろう、理由をおっしゃった。




━ だって、学校とか休みになるじゃない




きっと、お孫さんをつれて先生をしているお嫁さんが午前中から遊びにくるんだな。




あとは、近所の猫の話、その息子さんがつくった猫の横断注意の看板は台風でも飛ばない、などの話、




そして、バナナの樹が、親株倒れるのを予測して子株がもう出てきていることなどをうかがった。







急に話がかわるようだが、




「英語を話せると世界中で会話ができる」 と、有名な予備校英語講師がテレビで言っていたが、




彼の職業柄、そう言わなければ立つ瀬がないし高校生には顔向けできないことはわかるが、それは真実ではない。







英語がうまいといわれるスウェーデン人でさえ、





お年寄りと子どもはスウェーデン語しか話せない。





私が今朝お隣のおばあさまとした会話のようなことは、英語ではできない国もあるのが世界の真実だ。








まあ、そんなわけで、きょうは世間が休みで、猫たちも室内に群れているので、





仕方ない、早い晩酌でもするか。






20130625-153713.jpg








この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
死の選択
- 2013/07/12(Fri) -
子どものころ、芥川龍之介が、数々の短編の名作を書いたあと三十代で自殺したことを知ったとき、




あの、美しい人は、なすべきことをなしたあと、老齢、についての小説も書いたのに、




自分は、老人になることを拒んだんだな、とばくぜんと思った.そして、それを肯定した.










いま、芥川よりはるかに生きてしまった私は、





人間ドックに入るように、すべてきれいに埋葬まで面倒みてくれる死志願者を受け入れる社会サービスがあれば、




芥川もそれを湯に行くように使っただろうと考える. 私も、そうかもしれない.





芥川の天才がどこに自分の限界を感じたか、私には到底わかることはできないが、




凡人の私なら凡人なりに隣人のためにまだなにかやれることがありそうな気もする.




もし、死志願者を受け入れる社会サービスができたら、




そこで、果たして、自分の生をいま終えていいものかどうか悩み、あるいは、事後(?)に後悔したりする人がでることだろう.




しかし、もう私の決意は、





ガンになったら延命措置も抗がん剤も摂らず、




次にまた心筋梗塞になったら、腐乱死体にならないようまた救急隊を呼ぶにせよ、今度こそちゃんと 「死なせてくれ」 という私のことばに耳を傾ける看護師が来るように祈る.




dj40p.png
(55 årsgammal odjinn )

この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
時代に合わない合わせない
- 2013/07/11(Thu) -
日本の学問世界の低劣な足の引っ張り合いにうんざりして大学教員の航路を逸脱した私が



唯一就職紹介をスウェーデンのウプサラ大学の教授に依頼したのが、スウェーデン政府のルーン石碑管理官のポスト.



推挙してくれたそうだが、



スウェーデンも財政難で、現職者が定年になったら、それでそのポストは廃止になるとのことであった.



それで私は、自分を生かす就職が地上ではできぬものと明知した.




アストリッドなどの翻訳もそれを専門にしている人がいるし、




知り合いのドイツ語の翻訳家が、先人の翻訳のアラを探して自分の翻訳による改訳版を出すよう出版社に売り込んでいたのを知っているが、




そういうことを自分がしようとは思わない.




佐野洋子さんの 『100万回生きたねこ』 のスウェーデン語翻訳 
(それも、世紀の変わり目にスウェーデンで作ったものだが)



を版元の講談社に預けてあり、いつかスウェーデンで出版されたら、




それが私の地上でなす最後の自分らしい仕事となるだろう.



あとは、生活して、周囲の動物たちに食べさせてやる程度であれば、



なにをしても私は生きてゆく.



私と暮らした二人の他人の子どもたちよ、



きみらの知るあのおっさんは、



どうやら日本では生きる時代がまちがっていたようだよ.




1333457955932.jpg
(ウプサラ大学学生住宅地域)


130628
この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「雄飛」 にもいろいろ
- 2013/07/11(Thu) -
内地の人には想像できないだろうが、



沖縄の離島、つまり、石垣や西表や波照間や宮古やその他(すまんね)の沖縄本島以外に生まれた若者には、



「島を出て世界を観る」



という時に、選択肢は、3つなのだ. つまり、



内地の若者が、国内のどこかでがんばる、と思うか、海外へ行くぞ、と思うかの2つに加えて、



沖縄本島で生きる、



と決意することも立派な 「雄飛」 に数えられるのである.



内地はいや、沖縄がいい、



という高校生は、私が教えた中では4割はいる.



ちなみに、沖縄県の離島の者は、沖縄本島を 「沖縄」 と呼ぶ.



内地の、いや、永田町政府は、沖縄県を 「沖縄」 と呼んでいるが、それは、



県民感情への無知で、その段階で、もう、噴飯もの、交渉の下知識なし、



ということになるのだ.








かくして、世界、といっても、場所によっていろいろな概念があることになる.





スウェーデン人のウプサラ大の学生にとって、「雄飛」 とは




イギリスの企業に勤めるか、ヨーロッパ中央へ行くことであった.




アメリカは、崇拝の場所ではない. 少なくとも、私が知った北ヨーロッパの知識人にとっては.





アメリカで評価すべきは、マクドナルドと企業戦略の手法のみ、というのが定説だ.




アメリカの歴史の浅さと、ギリシャとローマの伝統をもつヨーロッパの差を




日本人が知らないように、




沖縄本島と内地の差も、同じ日本人でありながら意識している離島の者たちがいることを、






日本人よ、




知るがいい.





この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
おいしいもの
- 2013/07/10(Wed) -
子猫に彼女が生まれて初めてなまりぶしをやったら、



その後も、寝室に頭をねじ込んでくるほどに執着しだした.



おいしいもの、そんなもの、私にあったか、





あの恋人と飲んだ紹興酒、とか、あの恋人と飲んだカプチーノとか



スウェーデンの寮のパーティで食べた生ハムのサンドウィッチとか、



あの母子と食べた夕飯の数々、とか、あの友人と食べた焼き鳥とか






私の思い出すのは、すべて、




人と一緒の食事ばかりだ.





これがうまい、というものは、世間にいっぱいあるだろうが、




それを挙げられない私は・・・・・・まあ、いいか.





20130622-175147.jpg


この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ノーギャラで働く
- 2013/07/10(Wed) -
前掲の映画で、ものをフリーズドライする能力の持ち主が言っていた





「次の世代のために、ノーギャラで働きたくなった」





と.







それは、じゅうぶん理解できる.






20130627-170448.jpg



この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
映画 Spec のニノマエについて
- 2013/07/10(Wed) -
久しぶりに映画を、しかも、昔のものを観てみた





世界を変えるような能力をもつ、ニノマエ という人物が、





自分を、御前会議 とかいうものに入れろ、と言っていた.







噴飯した. (まあ、あれはクローンらしいが)







あはは、登場人物の性格付けはあるにせよ、とんでもないボンクラだ.








どんなもののにせよ、







この、日本では、







実力主義は通用しないんだよ






「時間を止められる」 と彼が言っても、






そんなことは、






日本では、憎しみ嫌悪しか喚起しない、 







力ある者を日本人は嫌いだ.





その愚は、いま、のうのうと愚と利殖を積んで得々として職を食んでいる中高年世代が死滅すれば、かろうじて払拭できるかもしれない程度のもので、日本人の国民性ともいうべきものだ.






だから、







社会は若者に教えなければならない






理想や、実力は、この日本では通じない





と、早く、いまの若者に浸透しなければ





次の世代はないだろう





次の、本当の、







唾棄すべきジジイどもを駆逐し、世界に実力ある日本人を形成するには







昔の映画監督のクロサワも、その後継者・模倣者もやったように、










世界に先に認められて、その後に、自分を認めない日本人の祝福に








お辞儀しながら心であっかんべぇ をするしかないんだ、と.








日本での評価なんて気にするな、きみの人生に無関係だ








世界で認められろ








グズな日本社会は、きみを排斥しようとも、世界は真の力あるきみなら笑顔で歓迎するから.













自分に自信があるなら、






日本人の評価なんか求めるな、求めてはいかん. 時間の無駄だ.







世界に、自分を見せて、 





世界を、驚愕させてみよ.








この記事のURL | 次世代 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
共通事項
- 2013/07/10(Wed) -
猫は、ご存じの通り、なにか飼い主が困るような行為をしてこっちが後始末をしていると、






媚びるような姿勢で寄ってくる.







あれは、ヒトも含め地上の全生物共通だったんだな.







20130515-110315.jpg
(写真と本文とは関係ありません.本猫の名誉のため.)









この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
市民の力
- 2013/07/07(Sun) -
先日、ある猫たちの埋葬をした. 先日も、と書くべきか.




子猫を五匹、成猫を一頭




どうしてそうなるのかというと、




私があるビルの二階フロアを借りて住んでいるため庭がなく、




島だから山を越えればいくらでも空地はあろうがいつ開発されるかもしれないし、




さらに、ご近所のおばあ様姉妹が猫好きで、自分の庭にもたくさん埋まっているから、いいですよ、




というお言葉に甘えているわけだが、




頻繁に餓死、轢死をするので、そのたびごとに介護老人のいるご老婦人宅に穴掘りには行けないので、




都合よい日時を待つ間、私の家の冷凍庫に死骸を冷凍保存しているため、




埋葬は一気に数頭、ということになるのである.




飼い猫・街猫・完全なる野良猫の死因はさまざまだが、




根底にはニンゲンの愚かさが常にあるように思える.




一方通行の細い路地を60キロぐらいでとばすニンゲン、




ケガをしているのに適切な治療を施さないニンゲン、




飼えない、という理由で、ぼろぼろになっている赤ん坊猫を死ぬまで放置するニンゲン……








そんなことが続いて、




とうとう、そのおばあ様たちの妹さんのほうが行動を起こした.




自分の敷地に看板を出す、という.




猫の横断に注意、とか、ひかないで、などという文字と猫の絵入りだ.




絵は、その息子さんが絶妙なタッチで描いてくれた.文字も.




私は、穴掘りと設営、ご近所への参加の呼びかけ交渉役.










どうなることやら、





「宮古島平良街猫安住化プロジェクト」(仮)











*********



その後…








製作者の御母様曰く、

黒猫の「ンニヤー」は宮古方言で「たいへん」だとのこと。

クルマに轢かれたらたいへん! の意味とか。


すごいことになってきた。

交渉役の私はもう引けない。




死んだ子らのためにも。





130627


*********



さらにその後…



2つの看板は設置された。良いこと、という人もいる一方、あんたらはなんで猫なんかを大事にするのか、とお怒りの人もいらっしゃる。

猫の缶詰はインスタントラーメンより高い。世界には飢えている人々がいる。こんな看板に時間とカネをかける者は変人なのか。

私は島で、何曜日何時でも開ける学習塾みたいなものをしている。これからさらに無料に近づける。

私はただ児童も猫も、助力できる相手に手をかすだけで、それが私の人生だ。

海外の飢えた子どもにカネを送らないのは、組織の職員の給与がムダだとおもうからだ。目の前のものに、直接、しかできない。

それに、なにより、猫より下劣ではた迷惑なニンゲンが現にこの世に多数いて地球のモノを蕩尽してるじゃないか。


この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
facebook などしていないのに
- 2013/07/07(Sun) -
ここを訪れる人で、私を知っている人にしか意味はないが、私の名前でネット検索して出る 「〇〇〇(私の本名)」はFacebook を利用しています。・・・という表示は事実ではない。そんな虚偽表示に利用される程度なモノなのかとおもうと、さらに関心ない。私は、グレムリンたちの世話で忙しい。

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
訃報
- 2013/07/01(Mon) -
日本の私が知る大学教員では数少ない誠実な私の兄弟子にあたる教授がガンでなくなったと昨日、東京のこれも尊い先生との電話できいた.



尊い人が次々と鬼籍に入る.






ありがとう、K.I.先生.






codex_argenteus.jpg


この記事のURL | 日本という国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |