2013 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2013 07
innate
- 2013/06/29(Sat) -
私が、沖縄の離島で、頭脳成長と世界観形成の手伝いをしている若者たちは、



大学を選ぶときに、絶対、沖縄(つまり、琉球大か、本島の私立大学)か、



絶対に東京及びその近郊の大学、



と主張する者の二通りに分かれる.



私は、ずっとそれを、その子どもの家庭環境や親戚の居場所などによるのだろう、とおもっていたが、









我が家の猫どもを観ると、どうもそうではないらしい、と考え始めている.




我が家の猫どもで、我が家で生まれた6頭は、我が家とその屋上しか世界を知らないのだが、



避妊去勢手術したあとでも、



外の世界に行って、夜飯済んだきょうだいが元気に屋内を走り回っているのに、自分はくたくたになって帰って来ることを毎日選択する者と、



終日家にいて、安心して眠り、起きては私の折々に焼いたりする魚や鶏や牛を食い散らかして過ごす者と



はっきり行動が分かれるのだ. だれも教えていないのに.







飢えと危険を承知で外の世界に行こうとする者と、



安全を尊ぶ者がいるのは、知恵の問題ではなくて、その生物のいのちのあり方の問題なのではないかとおもうようになった.







私の早大の先輩で、すでに2つの国に1年ずつ留学していて3つ目の国に行こうとしていた彼(いまごろどこかの大学教員になっているだろうが)は、



行った2つの国では、なるべく外に出ないで自室でコンピュータと楽器遊びで1年が終わるのを待った、と言っていた.彼にとっては、「留学」 は修業の場所でなく、あくまでも大学教員就職のための虚飾なのだった.それを3つめの国でもするだけさ、と言っていたが、私は、彼の奸智におもわず感心してしまったものだ.





私は、スウェーデン留学の壮行会の時に、早大の並み居る教授たちの前で、自分は日本には帰らず、スウェーデンで大学教員になるから、将来私に教えてほしかったら、言ってきなさい、ということを述べて総スカンを食ったが、上記の先輩と私とは基本的にアタマの回路が違うのだろうとおもっていた.








しかし、我が家の猫どもを観ると、どうやら、





安全な環境に居ることを選ぶか、




飢えと危険を承知で未知の世界へ行くかは、




アタマの問題ではなくて、その生物の類別の差異、とでもいうようなものなのであることがわかる.





そうであれば、よかった.





上記の先輩は、決して奸智たけた策士でもなく、




私も決して無謀なドンキホーテの徒でもなかった、




ただ、生物として異なる類のものだったのだ、とわかったから.







得心がいったので、




きょうは日曜でもあるし、




貴重な知識をくれた猫どもを観ながら早い晩酌をするか.






(さあ、下を見て、どちらが外派、どちらが内派かわかりますか?  130602)


20130520-100612.jpg

20130520-145743.jpg
この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
きょうは
- 2013/06/23(Sun) -
きょうは、内地では知られないが、




沖縄では、「慰霊の日」





沖縄県民の四人に一人が亡くなったと言われる前大戦の沖縄地上戦において、





旧日本軍による組織的な戦闘が事実上終結した日





とされている.





わかる人なら、この説明一行の中に、





沖縄の人が内地の永田町政府に対してもつ感情のすべてが込められているのが理解できよう.





私は、なんで沖縄に来たのかいまだに自分でもわからないが、





この理解ができるようになっただけでもこの6年間の意義はあったかな.





島の中央通りに住む私の部屋の窓からは人影が見えない.





島全体が、部屋の猫たちのように、瞑目している.





20130615-124449.jpg




この文章を書こうと机に来たら、





椅子の上に細長い虫がとまっていた.





触覚がうごいているので、紙で軽くつまんだら、





紙を通して指にブーンとという羽音とともに羽ばたきの振動が伝わった.






電動髭剃りのような速さである.






ベランダのドアを開けて指を開いたら、






弧を描いて、さっと飛んで消えた.





20130424-092256.jpg
この記事のURL | 日本という国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ここではよく言うことだが
- 2013/06/21(Fri) -
基地がある県だからか、離島だからか、塾らしきものをしていると、スピードなんとか、という英会話教材はいいですか、とよく質問を受ける。受験生の親からも、一般の方からも。

あいにく、私はそのような教材とは無縁だったのだ。
英語の種々の検定試験も受けたことがない。スウェーデンに留学したときも、早稲田大は 「何か受けておいたほうがいいよ」 と言ったが、受ける前に、スウェーデンの大学に出した英語論文の出来がとてもいいので、英語の試験はいらない、と言われたと早大の留学センターから連絡が来た。自慢話のようだが本当のことで、スウェーデンに着いてからも、ウプサラ大の留学センターの所長から、きみはヨーロッパの他国の留学生が義務付けられている英語の授業に出る必要がないから、ついては予算が余っている、何かしてほしいことはないか、ときかれて、私は、私のためにスウェーデン語の個人教授をつけてください、と言えたのだ。私がスウェーデン語を習得できたのは、その所長の申し出があったからともいえる。

先ほども、島のある方になんとかラーニングのことをきかれて、次のような文章を送った。


私は、会話教材を使ったことがないんです。
英語は、アメリカからの留学生の女の子と付き合ったときに、1ヶ月で彼女と同じスピードで完全にわかってしゃべれるようになりました。
スウェーデン語は、スウェーデンに留学して初めて知って、スウェーデン人の先生方のスウェーデン語の授業聞いて3週間で日常会話、3ヶ月でスウェーデン語で論文書いていました。
だから、私は自分の日本の生徒に 会話練習は勧めません。会話は必要な環境になれば急速にできるようになります。それより、難しい英文の意味がしっかりとれるようになるとか誤りない的確な英作文ができるようになるほうが長い継続的な努力がいるのです。だから私は読ませることしか受験生にはさせません。一般の人でも作文練習からではないでしょうか。
アメリカでも、英語で生活していても読み書きできないアメリカ人の割合が増えて社会問題になりました。日常会話を英語でするより、英語の美しい文章を読んでわかるほうが高度な頭脳ですよ。
いまは私は猫と会話できるようになりたいですが(^-^)v


この記事のURL | 言語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アルファベットといえば
- 2013/06/21(Fri) -
きょう、ゴードンドライジンを飲む映画を観た.





スウェーデンに行く前の呑兵衛だった私は高田馬場の安い酒屋でジンならそれをよく買っていたが、





そういえば、




スウェーデンで私を最初に飲みに誘った女の子は、





スウェーデンではこうするのだ、と言って、飲み会に行く前に自室に寄って





半分くらいあいた自室のゴードンドライジンのビンにオレンジジュースと水を入れて、これは自分用、と





リュックに入れて出かけた.私のぶんは、初回だから手ぶらでいいよ、と.





(スウェーデン人学生の飲み風習については拙訳書でも参考にしてくれたまえ.)





そして、私が若いころに、まだノーベル賞をもらう前の大江健三郎も、




ゴードンドライジンのラベルの赤い山犬のような顔で快楽にふける老パーバーツの小説を書いていた.





* * * * * * * *




スウェーデンに行って、




私が名前を Jin




と書くと、(これは本名.)





みんな 「イン」 と発音しやがった.





それを伝え聞いた者らは、ロシア人もカナダ人もギリシャ人も





Gin   とか、  Yin





と書いて私に付け文をくれた.






ちなみに、外国の大学の授業の仲間には、メモを書いて急ぎの私信を渡すのが普通なのだ.






私語は厳禁、次の授業はまた別、ということが当たり前で、日本の大学とは違う.






おもしろいぞ. 日本の大学の外国語作文の授業の百倍の勉強になる.






それで、私は、イタリア人にはラテン語で文章を書いたり、もちろん






ロシアン人には、スウェーデン語でなくロシア語を書いていたりしたわけだが、






結局、自分の名前を正しく発音させる必要に迫られて、





Djinn





と書いてやったのだ.この単語は英語では別の意味だが、英米人は友人の1割程度なので、よしとした.







ヨーロッパの多くの国では、






J も  G も  Y もみんな 「イ」 の発音になる.gold 「金」 も yellow 「黄」 ももとは同じで、ルーン石碑の時代には、・・・もういいや.






ついでに苗字の頭文字も I から インド因みで Y に変えて、






私の名前のイニシャルはとうとう DY になってしまった、というのが






結局、





きょうの話.






20130409-081914.jpg
この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
- 2013/06/20(Thu) -
牙を磨く時のみが我が平安.





たとえ、もはや用うことなくとも





この冴えこそが我.






v




130426
この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
家族をおくる
- 2013/06/15(Sat) -
猫は、




ほんとうにやさしい気もちで抱いてやると





ヒトが、美しい街に住んだ記憶をおもいだすときのような眼をする.





+130614


この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
暑苦しい日本知識人
- 2013/06/01(Sat) -
夜半に目覚めた。



トシだ。



いまキッチンへ出るとグレムリンどもに捕獲されるのでテレビをつけた



少しでも知識をと



『朝まで生テレビ』というのを観てみたが



意見を言うために集まった者たちが



他人がしゃべっていようが自説をかまわずかぶせてまくしたてるので一向に議論が整頓されない。



暑苦しい



そんなことをする者がいたら、



みんなで机をコツコツとたたいて、ルール違反だと気づかせましょう、発言希望者は黙って手を挙げて議長に指名されるまで待ちましょう、でも他人が話している時に手を挙げるのも違反ですよ、というのが、



スウェーデンの大学に外国人が入学する前に教えられることだ。日本人はそんなことも知らないんだな。ああ、それとも、野蛮未開人のふりはテレビ演出?






日本の知識人はスウェーデン人学生にも劣るのか。あのテレビ出演者たちは、自分達のとっても低劣な言葉の掴み合い揉み合いを電波を使って大衆に見せているだけの自分をわかっているのか。







また眠れそうだ


この記事のURL | 日本という国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |