スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
『エンドア』
- 2012/09/29(Sat) -
昔、二十代前半に最初の恋人と一緒に観た映画を偶然にまた観てみた.



あのころは、二人して大いにおもしろがり感動して観た記憶があるのに



いま観たら、ちっともおもしろくない



三十年の人生経験が、そんなかつての感性を破壊し別の感性が完成されたのだ.




だから、高齢者と若者との間では、前者が後者を理解することはできるが



後者が前者を理解できることはまずないと思わねばならない.



ただ、未知のものと未知の精神を畏怖し敬うことのできる若者だけが



年長者の知恵にあづかる幸運を得ることができるのだろう.




そんな、年齢差のある集団、さらに、育った環境で世界観も知恵も違う者らが協働しているのが世界だ.








わかりあえなくて当たり前.




敵対し、唸りあって、いがみ合うほうが自然というものだ.




それでも社会が成り立っているのは、



ニンゲンは他人がいないと生きられないという知識を備えたためだけにほかならないのだろう.












そうそう、表題の映画を観て、いまわかったことがある.



私は結婚したことがないが、



もしかしたら、「夫」 というものは、シンディに対するウィケットみたいなものでよいのかもな、



ということだ.時々ドジ踏んでも、相手を一番心配してあげる、という.



そんなこといまさらわかったって、もう55歳のおまえに関係ないだろう、って?



まあ、そうだな.




k


スポンサーサイト
この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
天変
- 2012/09/29(Sat) -
大型台風が沖縄先島諸島に来ている



今年の春生まれた猫たちには、初の天変地異だ



家の中の猫でも、目を真ん丸にして窓の外の揺れる大木や窓ガラスに当たる雨を見て



暴風の轟音にからだをかたくしている



外の猫は、生まれて初めて風呂に入ったほどにびしょ濡れになってないている



あと十数時間、辛抱できるかな





この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
国民性とかいうもの
- 2012/09/20(Thu) -
(2011.8.14.記)

「国民性」 という言葉ほど、曖昧で実体のない言葉はないだろう.

同じ日本人でも、さまざまな人がいるように、「日本人とは」 という発言を聞けば、
大方の日本人は、そんなタイプというものが存在するのか、といぶかしくおもうだろう.


私も、スウェーデンで、二人の中国娘と親しくなった.
二人はまるでちがう性格だったが、
どちらもかわいらしく、理知的で、こまやかだった.
こまやかさは日本人女性に似ているが、さらに献身的ともいえる美徳も備えていた.
中国人女性にもいろいろな人がいるに違いないのだが、私は、中国人女性ときくと、彼女らをイメージしてしまう.
誤謬のもとだとはわかっているのに.


イギリス人女性は才気あり会話して愉しく、ある意味、活発な日本人女性と同じ勢いがあった.

アメリカ女性は、スウェーデンでも、Texas is the best in the world. と公言して憚らなかった.
(彼女はテキサス大学出身だった.)
繊細さ、というものはどうも見受けられなかった.スウェーデン人の女性教師も、彼女をクマにたとえた.

繊細さがあってしかも一緒にいてあきないのがフランス娘だった.彼女は、決して一人で飛んでいかず、
こちらに合わせつつ自分でも愉しむコツを知っていた.

ドイツ娘は、プラクティカルで、ザハリヒで、ある意味で、日本で嫁にするならああいうタイプが適任かもしれなかった.
異郷でもおだやか、自分のペースを信じ、活動的で外交的でもある一方で、繊細でもある.

ロシア娘は、深い瞳と心遣いで、私にすべてを吐露させた.彼女の包み込む力の心地よさは、ふるさとの大地譲りなのか.


しかし、スウェーデンで結婚するならスウェーデン人女性がいちばんであることはかわりない.
なぜなら、
彼女らは、
スウェーデン社会に根付いている真の意味での 「異性観」 を体現して男とつきあってくれるからなのだ.
それを別の日本や、いやヨーロッパ諸国でしても違和感を周囲にもたらすだろう.
ちょうど私が日本で非難されたように.
しかし、スウェーデンでなら、それが 「当たり前」 だから、
彼女らのペースで自由にのびのび愛し合うことができる.


私がスウェーデンに行ったのは、母校・早稲田がスウェーデンのウプサラ大学と派遣交換学生制度を開始したことで、
私が第1号選抜試験に応募し、スウェーデン側から採用されたからだ.
(早稲田が選抜権をもっていたら、私は先輩たちに途を塞がれていただろう.)
ただ、学びがいのある言語を使う印欧語の土地ならどこでもよかった私にとって、
スウェーデンは、言語の面だけでなく、
ヨーロッパを、世界の人を、異性を見る機会をも与えてくれた

私は、スウェーデンに行けて幸運だったとおもう.


日本では学べないことを数多く学んで、いま老境を彼らの心で迎えることができるからだ.



k


この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
無心Ⅱ
- 2012/09/16(Sun) -
c

わからなかったよね.

お母さんに咥えてこられたところで、

きょうだいとお母さんからはぐれて

涼しいところに入って少し眠っただけなのに


もうお母さんがおっぱいをくれなくなるなんて.


それで、きみは泥にまみれてこの世の命をなくしたんだ.


それでも、あの午睡のきみは、安らかに幸福に眠っていたね.




k

わからなかったよね

このとききみはおなかに別の命を運び育てていて

生まれた太陽の下ではなく、板と畳の狭い空間で分娩をしてしまうことになるなんて


そして、うまれた4つの命のために、

食べては授乳する日々が訪れるなんて

そして、たぶん、これから、そのうちのいくつかが急に動かなくなるときが来ようとしているなんて


それでも、きみは、

どんなことも こなして やり遂げて 自分が死ぬまでちゃんと生きるんだ.





k


しらないよね

いま、きみが一人でうまれ育った空間に

新来の同類が増えようとしていることに


きみも 胃潰瘍とか 適応障害 とかになるのかな


でも、外で車につぶされたきみの兄もそうだったように

きみも、どんな困難(みたいなもの)も

へっちゃらで 死ぬまで生きるんだろ.





きみら


自分が哀れだなんか決しておもわないものらよ.









この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
無心
- 2012/09/08(Sat) -
おなかだいぶ大きくなってきちゃったね



きみは、でも、なにも考えていない



それでも、きっとうまくやるんだ



出てきた困難に純粋に立ち向かって、それに神業のように対処して、完璧に切り抜けるんだろう




100209_1143~01



(100424)
この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
驚くのは私だけ?
- 2012/09/05(Wed) -
      アメリカ大統領選で、
      オバマ夫人ミシェルが演説したニュースがあった.
      



      私はそれを昼の沖縄のニュースで聞き、
      
      彼女が、自国を

      the greatest nation on the earth

      と言ったと聞こえた.




      耳を疑った.


      いまどき、そんなことを信じている者がいるのか?



      



      夜のニュースではそう言った部分が流れなかったので、



      しつこい私は英語の演説をネットで見てみた.



      they remind me how blessed we are to live in the greatest nation on earth


      と確かに言っていた.主語の they は the people I meet である.




      ビデオでは、聴衆のアメリカ人たちは熱狂していた.




      こんな無知は、将来は、日本人の間も含め、だんだんと縮小することを信じたい.






k







          



      
この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「日本はスウェーデンになるべきか」 ん?
- 2012/09/05(Wed) -
「日本はスウェーデンになるべきか」 というようなことが
しばしば議論の的になる.


このことばは、まあ、「サルはシカになるべきか」 というような命題と同じで、

意味がない、という程度の 「おもしろさ」 を除けば、

考える態度としては無視してよい事柄なのだ.




結論から言えば、「なる」 と 「べき」 の前者から見れば、


スウェーデン人は確かに日本人より優れた点は数々あれど、

私自身もスウェーデン礼賛者では無論ないように、

スウェーデン人そのものが理想の人種でもないからだ.

「スウェーデン人のオトコは退屈」 と言った私の知人のイギリス女性は、世界中がみんなスウェーデン人だったらたまらんだろう.


スウェーデン人は、あの地誌と政体があってのたまもので、

東洋の端にスウェーデンがもう一つあっても、世界の益ではないだろう.



多様は悪ではない.



日本人がスウェーデン人になるには、数世代にわたって歴史的な民族意識の変革がなされなければありえないし、


日本人のいまの国民性、たとえば、「核」 というものに対して有する国民的感情、というものは、


それはそれで世界の一員として有益な意見であるし、


アメリカとの歴史的関係をもったままスウェーデン人化などできはしない.




「アメリカの文化で尊ぶべきものは、ビジネス戦略の手法とマクドナルドだけ」

というのが、(無論、百パー本気ではないだろうが)

世界の新興国アメリカに対するヨーロッパの伝統国の見解だ.(→ Gillis Herlitz『スウェーデン人』


だから、日本はスウェーデンになることはできない.


なったときは、日本民族の国民性がいまとはまったく異なるものとなっている.



そして、「なるべき」 の 「べき」 のほうも、世界のあり方に絶対こうたるべしという基準などないのだから、

考えるにも値しないことになる.



かくして、


「日本はスウェーデンになるべきか」

という命題は、無意味なところだけにおもしろみのあるものにすぎなくなる.








「なる」



必要はないのだ.





日本人は、



己を振り返りつつ他者に学べばよいのだ.  モノマネでなく.



それが、明治の開国の時代から、


日本民族が本質的に不得手な事柄だからだ.



u
( Uppsala / Sverige )
この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
沈黙するものら
- 2012/09/01(Sat) -
動物、といわれているものらは、わるくない


かれらの行動は、ニンゲンが自分たちの法律で、


「緊急避難」 「正当防衛」 と呼ばれて許容されている行動が大部分なのだから.









t

















それでも、私たちが、かれらを追い、私自身の生活圏を守ろうとするのは、



私らの、体裁や利得や安寧などのため以外のなにものでもない.











c











同じ地球

同じ地上

同じ土地

同じ町内


に生きているのに、



私はまだかれらを真に尊ぶことができない小さい浅知恵ニンゲンなのだ.





k











この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。