2012 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2012 09
恋愛 ── スウェーデン人が教えてくれた大きなもの
- 2012/08/29(Wed) -
私がこのようなブログを書くことにどんな意味があるのかとおもう

高校の同窓が、お書きなさいよ、とおっしゃると、高校時代の部活のような晴れやかな気分で書こうかとおもうが、

私の書くスウェーデン人の恋愛をお読みになり、私にご連絡をくださる(主として)方々には、

私はどんなことを言う資格があるだろう.



私は、日本にいたときは、よくいる元気で盛んな男だった.
恋人もいた、同棲もした、誤謬も重ねた.



だから、私にご自身の恋愛のことを書いていらっしゃる人にも、私は、それが恋愛ではないですか、としかいえそうもない.




それが、人間的なことであるし、それが、そうなのでしょう、と.





スウェーデンで、しかし、私は、日本では知らなかった恋愛と男女関係を如実に体験した.




だから、私は、確かにスウェーデンにゆく前と後では自分がかわったとおもうし、

その結果、おおかたの日本人の行動様式に距離をとって観るようにもなった.

スウェーデンに行く前の私を知っている昔の女友達がいま私を見たら、どうおもうか.



よくなったとおもってくれればよいが、

日本的には、そうでないかもしれない,まあ、逢う機会ももうないか.





スウェーデン人は、恋愛にあせらない、

性的なことにむしゃぶりつかない




そうしたことは日本人にはない性質だ




告白、というようなことで恋愛が始まるようなことはない


親しく話し、たがいがわかりあい、それがいつしかパートナーになっている、という現実となる




私の隣のニーナがクリスマス帰省するときに、私が彼女のペットのネズミの世話を頼まれて部屋の鍵をもらったとき、



同じコリドーのイラン系の2世男子学生は、

「いいなー、おれもニーナの部屋はいりたい」

と冗談を言ったが、(たぶん、それは日本人も言いそうなことだ)

スウェーデン人学生はそんな感情はおくびにも出さなかった.



そもそも、私自身が、鍵を渡されたことで、それでニーナの感情がなにかなどど考えさえもしなかった.

私も変わったのである.



スウェーデン人は、性的なことにいろめきたたない、


そして、
私もまた、そのようなスウェーデン人的なニンゲンとして認められたから部屋の留守を任されただけだろう.





男だ、女だ、性的だ、とごちゃごちゃ言っていて、

人類の半数と

あえて距離をとったり、いたずらに目の色かえたりしていたら、人生がもったいないではないか.




男も女もまず、ニンゲンなのだ.
もっと、のびのびと自然におだやかにだれとでもつきあいたいものだ.







経験した人でないとわからないだろうが、きっと、






恋愛は、そんな異性観をさらに進んだあとに見えてくるものなのだろう.

人生、もったいないぜ.




m


(2012.5.16.改)
この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
耳、というのもやはり、ある
- 2012/08/27(Mon) -
職場で、定時を過ぎて、自分の仕事をぽつぽつとすればよい時間になると、私は、スウェーデンのラジオ番組をインターネットで聴きながら机に向かう。仕事は、英語を使うものだが、耳に入るのはスウェーデン語だ。スウェーデン語の音を聞いて心地よくなり、深夜も疲れがとぶ。いまも、聞きながら書いている (ちなみに、給料は定額の職場です)。

スウェーデン語は発音が難しいとスウェーデンに行く前に聞いていた。しかし、私は、スウェーデンでスウェーデン人の先生たちから、スウェーデン人たちと暮らす中でスウェーデン語を習ったから、一番耳に入ってくるのはスウェーデン語で、そのあとは、ドイツ語や英語だったりする。人間って、単純なのだ。私の場合は、周囲がそういう環境を作ってくれたが、日本で外国語を勉強しようとする人は、自分でその環境作り、テキストの選定をしなければならないからたいへんさは計り知れない。

もっと、日本人も、楽に海外に行ける時代になれば、おもしろい人間がふえることだろう。

異なる文化と交わるほうが、人間は発展するものだと私は信じている。個人も、民族も。
(本記事は2007年4月17日に東京で書かれた。)

h

この記事のURL | 言語 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
enkelhet
- 2012/08/26(Sun) -
何も語るな、


思い煩うことも不要無益だ.





踏み出した以上、



できるか、できないか、



だけだ.





だが、踏み出さなければ、あるいは前進をやめれば、



なにも、かわらない、いや、むしろ悪化劣化腐敗だけなのは絶対確実.


s
120430
この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
《番外》 沖縄の残念さ
- 2012/08/17(Fri) -
スウェーデンにいた私はいま沖縄の離島に生活している


まあ、


身体がわるくて、最期は、美しい土地で、とおもったからだが



沖縄は、いま、普天間基地の問題とか、


国からの一括交付金の不正受給問題で揺れている.


先日の終戦記念日では、


慰霊者追悼のニュースが流れ、国に補償金を求める訴訟がなされた.





沖縄はよいところだ.



日本の他所、ヨーロッパの他所と比べてもよい.




しかし、一点だけ、悪質、というか、世界基準の正義から遥か遠く遅れているところがある.



沖縄はゆるやか、のんびりしたところ、


というキャッチフレーズに甘えて、


公共事業でも 「甘い」 ことをなんとも思わない風潮がある.


それは、公務員ばかりではない、公共事業に与る年輩者でもそうなのだ.


それが、以前問題になった、識名トンネルだが、それは、大きなところで、


こまかなごまかしは他にもあると思わねばならない.






戦没者への訴訟もいい、


アメリカ軍への訴えもいい、






しかし、






同時に、




自分たちの、「あいまいさ」 も




正さねば、


沖縄は真に日本国民全体からの共感は得られないだろう.




m
( 宮古馬 )



この記事のURL | 日本という国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
答えます
- 2012/08/15(Wed) -
え、わたしが49歳で南の離島に移住した理由ですか?

東京の営利私企業のために自分の能力を使うのをいやだとおもったからですよ

そりゃあ、好きに暮らせていましたがね

でも、満足、はそんなものではないんですよ

娘みたいなものと、息子みたいなものは、これまでの人生のいきがかり上ありますから、

彼らに愉しいことをしてあげられる生活はしないといけません

そんで、日本の南の端っこの離島に来ました

NPO団体の 「研究員」 として.そのことは前の記事に書きましたね

そこが、東京の私企業以上に、私利私欲のかたまりで、

一部幹部の遊興飲食のために働くのも一層無益だとおもったので

別の離島に行きました

そこで、いまも生活しています

わたしが 「南」 に来たことを、多くの知人は驚いています

わたしは 「北」 の人間と思われていましたから

スウェーデンで、ルーン石碑の研究をしていましたからね

でも、日本ではそれを知りたいという大学はないし

わたしは、自分が知りたかったことはもうわかったので

あとは、わたしの知識が数十年後に

日本人も知るようになればいい、とおもうだけです

学問の進歩なんて、そんなものです

前記事にも書きましたが

自然環境を食い物にしているNPO団体がいるし

学問の進歩よりも自分たちの遊興を大事にしている人間もいる

ニンゲンというのはそういうものです

だから、映画 『スターゲート』 のノックス人ではないですが

ニンゲンよ、まだ、そんなことをやっているのか

というのが本当のところです

さあ、きょうは、遊びにくる高校生もいないようなので、

早くから泡盛でも飲もうかな(⌒ー⌒)



あ、そうそう、肝心の、「南」 に来た理由に答えていませんでしたね。
もともとは、スウェーデンにいたので今度は南半球に住もうと思っていて、南アフリカ共和国に就職も決まっていたのですが、以前の勤務先からささやかな学習参考書を出すことになってしまい、(それはほうっておいてももよかったのですが、)新人の、同じ大学の後輩が担当者だったので、「せめて国内にいてやろうか」 ということで、南のぎりぎり端っこに転居したわけです。あとは、先のくだらんNPO団体との出会いとなった次第。人生、って、どこに転がってもおんもしろい!(^-^ )
(本記事は2007年11月に書かれたものである。)

この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
遺るもの
- 2012/08/12(Sun) -
(skrivit 2012.3.20)


私には、同棲する猫たち以外には、家族はいない.

肉親も死んだし、このままでは老後が不安だろう、という人が多いが、

まあ、一度死んだ身としては、もう、何も待つことはない.

─── というようなことを心臓の薬をもらう離島の医師、つまり、私の主治医に言うと、

人はね、死の瞬間は断末魔の叫びを上げるものだよ、というが、

確かに、私も、仙台で救急車で深夜に病院をたらい回しにされた時、

救急隊員に 「もう、苦しいから、安楽死させてくれませんか」 とやっと言った.

4つめの病院で術台に乗せられた時も、若い看護師に同じことを言って、叱られた.


あれが、私の断末魔だったのだろうか.

身体は死にたいほど苦しかったが、心は、なすべきことをして生きた、というおもいで完全なる終止符を打つことに充足していた.



◆◇◆◇



それから数年して、東京に転居してきたころ、スウェーデンで訳した図書を出版したいという会社が現れた.

東京に戻り、母校・早稲田に顔を出し、
在学中は習ったことのない西洋史の教授のところにスウェーデンの話をしに行き (彼はデンマークに留学していた)、

私が1900年代の終わりごろのウプサラでの夏休みに、日本語を書く愉しみにひたるために翻訳した、

あるスウェーデン語の図書の話をしたら、それを別の大学の先生に話し、

そこからある出版社が興味をもってくれたのだ.


日の目をみるはずがない、とおもっていた原稿が出版社にもちこまれることになった.8年以上たっていた.

その著者は、もともとウプサラ大学の先生でもあったし、

日本語には私が翻訳したいと言う意志はスウェーデン時代にも聞いてもらっていたし、

それが出版という運びになって快く承諾してもらった.

─── いつも、スウェーデン人には、ほんとうに世話になる.



ある映画で、精神科の医師が、同僚に、「あなたはあの患者に入れ込み過ぎている」 と言われ、
「彼が僕を選んだ (He chose me.) ような気がする」 と言うところがあるが、

人生で交錯する人と人は、みんなそうなのだとおもう.友人も、恋人も.


そして、私とその図書との出会いもまた.

私のスウェーデンに行った目的は、古代ゲルマン語研究の本場に行ってそこで研究者として生きることだったし、

日本に帰って来たのは、日本の大学の学位を得ておくためだったが、

日本で身体が壊れ、

学問もあきらめざるをえなくなったものの、

戯れに訳した図書が、私が後代に遺すものとなった.

そこには、スウェーデン語原文の翻訳のほかに、私の註があり、そこには私の個人的な体験も書いてある.


きみでなければ訳せなかったし、書けなかった、

とある先生に言われ、本が、私を選んでくれたのかもしれない、と思う.



◆◇◆◇



会社を辞めて大学院に戻ったことで、当時、親にも会っていた恋人は私の元を去ったが、

おりしも早稲田がスウェーデンの大学と派遣交換留学の契約を結んだ.

運よく私がスウェーデンの大学から選抜され、それを早稲田大学側も追認し、私はスウェーデンに行けた.

たまたま英語論文がよくて、他の外国人のように英語の授業に出ないでよいので私のための予算が余っている、

なにかしてほしいことがあるか、と大学がいうので、即座の私の希望で、

大学の正規のスウェーデン語教師を個人教授につけてもらえた.

図書に出会い、著者とも話せた.

そして、あとは、

途中、

救急車の中で 「死なせてくれないか」 と言ったりもしたあと、

スウェーデンのさわやかな夏にできた文章を活字にしてくれる人々が現れた.



人は、人によって、生かされる.


私たちは愚かなこと実に多い存在だが、


有り難き出来事有り難き人々の存在が、

私たちの人生を照らすこともある.




carolina
(初夏のウプサラ大学中央図書館、通称 Carolina Redeviva )






この記事のURL | いまも | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スウェーデンで飲むもの
- 2012/08/11(Sat) -
スウェーデン人がよく飲むものはなにか、


という質問をいただいた.


日本になくてスウェーデンにあるものといえば・・・


1. アクアヴィット

2. 水溶性のビタミンタブレット

3. 通常の1/2のアルコール度数のビール


というくらいだろうか.


1は、スウェーデン北欧の焼酎だから、存分に浴びてくるがいい.

人によっては、日本酒やウィスキーより性に合っているかもしれない.




2は、特にこの季節(8月)にスウェーデンにいる人は感じるであろうが、

強い太陽光と大西洋からの冷風と乾燥した空気のため飲み物を携帯している人がたいていで、

(日本でブームになった 「ペットボトル携帯」 は北欧からアメリカを経由して入ったものだ)

しかも、スウェーデン人の 「甘い飲み物は健康に悪い」 という考えと、

高消費税で日本で100円で買えるような嗜好性飲料もちょっと値が張るので、

水に薄くフルーツ味がつくタブレットをペットボトルに水と入れて飲んでいる.




3は、日本にもライトビールがあるが、スウェーデンでは日本の通常度数のビールは専売所でしか買えないが、

半分の度数のビールならマーケットで買える、という違いがある.

まあ、それで我慢することも多い. それでも、高いが.






* * *




かつて私は日本の知人に、自分が常飲するものを決めようと、スウェーデンからメールで

「もっとも常飲に適する、身体によい飲み物はなんだろうかね」

と書いたことがある.年輩女性は身体を気遣って


「ホットミルク」  とか  「日本のお茶」


といった返事だったとおもう.


その後、私は、このサイトのどこかで書いた、イタリア人のピエトロと親しくなり、

彼から直火式のエスプレッソ淹れをもらったため、

いまからおもうと大阿呆だが、

大学に行くにも、

保温ポットに、

エスプレッソを3回くらい淹れてたっぷりともって通学するようになってしまった.



頭脳も気分も軽快のようであったが、


もしかしたら、


私が帰国後心筋梗塞になったのは、エスプレッソをがぶ飲みしていたからかもしれないと、

なんでも度を越すといけない、と半世紀生きてわかった次第である.




* * *




北欧のかわいたすがすがしさ


日本にないものの最高はそれだろう.


だからスウェーデンでは、よい飲料を、みなさん.



u
( Uppsala )

この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
国王観戦
- 2012/08/11(Sat) -
スウェーデン人にとって、若者も高齢者も熱狂するスポーツに

冬季五輪のアイスホッケーがあるのは想像つくだろうが、



夏の五輪では、なんといっても男子ハンドボールなのだ.



日本ではそのスポーツになんの縁もなかった私でさえ、



スウェーデンでは、Johan PETTERSSON という贔屓のサウスポーストライカーがいたほどだ.




s

「ハンドボールの試合中は国王の前に座るな」 のキャプション
隣は、王妃シルヴィア.



スウェーデン国王は日本の天皇とはだいぶ違う

以前、自分で運転する新車でスピード違反して警察につかまって

運転席で憮然としている写真が新聞に載ったこともある.






この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スウェーデン紙より: なでしこジャパン五輪決勝記事を読み
- 2012/08/10(Fri) -
五輪女子サッカーの決勝を観た


その後、主審の母国ドイツで、主審がアメリカ選手のハンドの反則をとらない誤審をしたという報道があると聞いた



それで、


きょう10日未明付のスウェーデンの最大紙の記事を読んでみた



1つ、


時系列でプレーを記述してあるコラムには、
問題のところにこうある



「宮間のフリーキックは味方の足までとどかなかった。最初はボールの入れが外側にミスったのかと見えたが、再生画像を見てみると、アメリカのヒース選手が腕でボールを止めている。日本には、PKが与えられるべきであった(がそうならなかった)。」





アメリカ優勝の記事はそれが全面ではなく、

私はワールドカップのころからアメリカの監督は身振りがスウェーデン人の女の子のようだとおもっていたが、


やはり、ピア=スンドハーゲ監督は2008年の北京からスウェーデンからアメリカ監督に移った人物で、




ピアはいつスウェーデンの代表監督に戻るのか、



といった論調が記事の半分だった。


そして、そのメイン記事でも問題の個所の言及があり、


「日本はトービン・ヒースが手を使ったときのペナルティキックの機会を奪われた」 とある.
(英語の rob に対応する単語が使われている,)



まあ、スウェーデンらしく、そう、事実 だけを書いてある.
あれがPKなら結果は・・・というようなことはスウェーデン人は言わない.




* * *




近代オリンピックの祖と言われるクーベルタンの言葉に、


「戦いでは勝つことに価値があるのではなく、


よく、美しく戦う、ということがなにより尊いのである」


ということばがあったようだ.



人生でも同じだろう.富の多寡ではなく、別のところに個人の人生の価値はある.





プレーヤーたちにこう言うのも試合直後にむちゃかもしれないが、




きみらは


よく、正々堂々、美しく戦った.アメリカ人でいるより日本人でいることのほうが誇らしい.




金メダル優勝者に劣っていたとは、




各国も


歴史も、


未来永劫みないにちがいない.


きみらは、金以上に光輝く.





前進したまえ、しつづけたまえ.

日本のよき若人たちよ.




n



この記事のURL | 次世代 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
とりあえず、スウェーデンの消費税とは
- 2012/08/10(Fri) -
きょう、消費税法案で、その国民生活への影響ニュースがうるさい



そんなことも周知認識させずに、議員は国会でわめいていたのか






住宅費は格安になる


下着、洗濯、食糧、なども日本以下


教育費は医学部学生でもゼロ



ただし、

おしゃれなコートとか、娯楽品、嗜好品、アルコールなどは桁違いの消費税がつく



それがスウェーデン人の生活だ



だから、


勤勉な大学生は、


奨学金でいくらでもとことん勉強できる


ノーベル賞はこうして生まれるんだ



生きていくことは絶対できるのがスウェーデン



無駄な欲望ふくらませておかしな考え抱かなければね




日本人のみなさん、



為政者が健全な頭脳ならば、


みなさんは苦しい生活にはなりません


かえって、したいことをちゃんとできる人生になります





j

h
(沖縄の離島のカツ丼)

この記事のURL | スウェーデンという国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
とりたてて
- 2012/08/05(Sun) -
猫がなにかと闘っている




私には見えない何かと闘っている




彼女が目で追う空間、手でかく床に私にはなにも見えない




ここのエイリアンは、猫の視線と同じくらいの身長らしい




まぁ、けがしたり食べられたりしないうちはいいか






k


この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
真実
- 2012/08/04(Sat) -
まだ生きているから


片目潰れ


しっぽ切れ


三本脚になり


介護してくれる家族などいなくても



まだ生きている


食べている


歩いている


ないている





理不尽とか
悲しいとか
哀れだとか



そんなものは自然世界には

存在する余地はない





ありえない






k




そんな当たり前のことをなぜ書くかって?


これを見る、序列づけ価値づけ好きのニンゲンたちにならって価値づけ序列づけをしてやるなら


そこの、大臣、教授、取締役、公務員、といったものたちより


ずっと


崇高で

美しく

神々しい


ものらが

異なる種(しゅ)にいくらでもいる



と、もういちど、いや、いつまでも言うためにさ.












この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |