2012 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2012 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
隔離性と外への視線
- 2012/06/26(Tue) -
先日、島で唯一の県立普通科の高校の吹奏楽部の定期演奏会に行ってきた

私に英語を教わりにくる高3生もその部員の一人だからだ


島の父兄を愉しませるような、また、当の指揮者の顧問教師と部員たち自身も大いに愉悦を感じたであろう 「演奏会」 だった。ただ、クラシックの名曲でも演奏してくれるのかと期待した私にはおもしろくなかった。

高校も3つある大きな島とはいっても、所詮は、遊び場所は限られている

若者が遊ぶ場所など、市街のクレープ屋か、品揃え薄い書店か、コンビニの座席コーナーか、カラオケ屋ぐらいなものなのだ。横浜出身の私の高校時代なら、東京の銀座に出るとか、神田の古本街に行くとか、江ノ島に行くとか、品川やその他の水族館や動物園に行く、とか、愉しみは無限にあった。


島では、若者の旺盛な好奇心と活動力を学校が処理してやらなければならない

ゆえに、まず、生徒自身が盛り上がる行事を企画し、それを、周囲のオトナにさらに盛り上げてもらう



その結果、高校生の多くは、もはや内地よりも、島と往復できる沖縄本島に就職・進学したがるものが圧倒的に多くなる。彼らの青春は、そして今後の人生もまた、この島の愉しみとともにある、と思っている若者が極めて多い。

私の役目は、そんな彼らに 「外の世界」 の話をすることだ。たとえば、・・・

中学1年生が yellow という単語を学んだら、gold との派生関係を話す

金、がいかに尊ばれるのか、を言語の面から聞かせる

サンスクリットの rupavati(長音は表示できません)というインドの単語を

まあ、日本語なら 「美子」 さんだろうが、「銀色女」 と訳した中国人の感性を話す

ついでに、ヨーロッパの文学に出てきた blue や green の色の役割とかも話す

たった1つの単語でこんなありさまである・・・・・・



・・・・・・だから、私の英語の授業は、きわめて脱線が多い



c


(本記事は2008年8月19日に書かれた.)


スポンサーサイト
この記事のURL | 次世代 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
- 2012/06/08(Fri) -
愛、なんか、ない




責任、なんか、ない




憐み、なんか、無論ない




あるのは、



向上の意志と

その共感のみ





v
この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
受験英語?
- 2012/06/08(Fri) -
忘れないうちに書いておこう

私が、内地に送り出した高校生に語ったこと




(指導を引き受けたときに、親の前で)

話すなんてことは、きみを英語が話されている環境にほうり込んだら、一か月もしないできみはペラペラになる

話す能力はもっとも低次元の外国語能力なのだ


私はスウェーデンに行って初めてスウェーデン語を習って、夏に行ってクリスマスには会話は無論、スウェーデン語で論文を書いていた

会話より、読むほうが難しい。アメリカには、英語で生活していても、新聞も読めない人が多くて問題になっている

よい文章を書く能力はその先にあるものだ

日本語のことを考えたらわかるであろう


小学生に新聞の社説は読めて理解できるか? しかし、小学生は立派に日本語で生活している

会話とは、その程度なのだ







(受験期になり)

きみは、早慶旧帝大もセンター試験も過去十年分の文章を読んできた

きみには、発音問題とか小問の訓練はしてこなかった

いわば、野球で言えば、ストレートしか鍛えないピッチャーにきみをした

しかし、ストレートだけでも、それが優れれば、どんな相手でも完封できるものだ
(彼は野球部の元ピッチャーで腰を壊した)


自信をもってよい

きみほど、「読んだ」 受験生はいない

読むことで、きみは、じっくり走って足腰を鍛えた、ストレートをもったピッチャーになった


満点をとれとも、とれるとも言わない


しかし、97パーセントは、自信をもって解答できるはずだ


いってこい




(合格後)

私もきみもベストを尽くした

もう何も言うことはない

後ろを振り返らず、行ってこい


たのしんでくるんだ




この記事のURL | 日本という国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
グレートマザー同士
- 2012/06/02(Sat) -
どうぶつといわれているものたちから学びたいとおもうヒトに



自然界でも、母親、は父親よりも苦労が多いものです.


そんな、偉大な母親同士がエサ場で出会ったら、どうなるかお知らせします.



といっても、エサ場を共有していますから、両者は、母娘の関係です.


しかし、母は、何世代も子どもを産み、

a



娘も、第一代の娘で、その後、2世代子どもを産んでいます.

s



とちらも、適切にヒトになつき、適切に野生で、十分に健康です.


そんな両者が、豪雨あけに、空腹でエサ場で遭遇しました.



高校野球で言えば、昔の、PL対帝京
アニメ 『メジャー』 で言えば、五郎対眉村、
というところです.








結果は、




偉大な母が、

これもグレートマザーの娘をひっぱたいて、終わりです.




娘は、産みの母を覚えているのか、

終始、恭順の姿勢でした.



まあ、ニンゲンには、いらん 「知恵」 がありますから、いくらでも逆襲の意思が生まれるでしょう.




きょうも、南の離島は、

温室環境です.  心臓のわるい私には適切です.


よい週末を.



この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
《番外》 沖縄の矛盾
- 2012/06/01(Fri) -
i


     沖縄は人材と周囲文化環境に不足している.

     だから、内地から、有能な人材・有益な法人が来ると、とりあえず喜ぶ.

     しかし、

     私のように内地から来て数年経つものでも経験するが、

     内地から消音機をはずしたバイク乗りが遊びに来て静かな市内を夜中に爆走すると、

     「こんな場所時間になにしやがるんだ」 という、まあ、東京でもふつうに感じる不快を感じるものだが、

     それと同じことを、私もまた地元の一部の人々から感じられていることになるのである.

     理由は、いろいろある.


     沖縄のよきおだやかさ、悪く言えば、時間ルーズ、金銭貸借にルーズ、といったことに
     忠言を述べると、「うるさいナイチャー」 と逆に叱られることになる、といった状況である.

     朝のごみ捨ても、そのへんにほかしておくのがここのおだやかさで、きちんと出しましょう、などと
     言おうものなら、隣付き合いを断わられる.

     もちろん、嫁も不足しているから、若い働き者の女性は歓迎され、
     地元の男と海と空を愛せれば、そんな内地の女性は幸福に生きてゆける.


    

     昼のニュースでよく国会で沖縄のことが論じられているさまが報道されるが、

     沖縄の人々は、自分たちが被害者であると程度の差こそあれふつう若者も老人も思っており、

     それとおだやかな心と、内地に物資と文化の面で劣るといういくばくかの後進意識とで、

     霞が関で思っていることはそのまま決して沖縄の人々には受け入れられないことになるのである.


     それは理屈ではない.

     損得の勘定でもない.

     

     私も最近わかったのだが、外国でのほうが私は正当に扱われていたが、それは、

     私がスウェーデンという、文化的にも日本よりも優れた土地にいたからだと思っていたのだが、


     単に、外国人だから、ということで、正当に、扱われていたのかもしれないのである.


     スウェーデン人には、日本人への先入観や偏った知識は多分にあったろうが、それを超えて、

     偏りなく、実力どおり、人としての能力どおりに外国人を遇していたのがスウェーデン人だったが、


     沖縄の人々はそうではない.


     同じ日本人だから、もう、内地出身者の、言葉も、歴史文化も、よくわかっている.

     しかし、「同じ日本人なのに、なぜ私たちと合わせられないのか」 という憤りが、

     ややもするとどんな沖縄人の底から噴出してくることになるのである.


     同じ国の民だからこそ、

     沖縄の人々は、自分たちに寛大になってくれない内地者を許せないのである.

     ほんとうは同じようになりたいのに、内地者には絶望的な断絶感を抱いているのである.



     だからこそ、沖縄問題は、日本では、もはや、国際問題以上に、


     融和不能な問題となり続けているのである.



     霞が関の住人にこのことがわかるようになる日がいつ来るのかわからないが、



     それまで、沖縄の知事は、ずっと拳を机の下に握って政府と対話する苦悩をいだき続ける定めなのだろう.






s


この記事のURL | 日本という国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スウェーデン、アメリカ文化比較考 ─── あるバンパイア映画を通じて
- 2012/06/01(Fri) -
(久しぶりの更新ですみません。きょうは、先日もちょっと書きかけましたが、あるスウェーデン映画とそのリメイク・ハリウッド版の比較を通して、スウェーデン人的なものは何かを書きます。「アメリカ的なもの」 は、私たち日本人は、テレビを通じて、「アメリカ人イコール外国人」 とみなしている習慣が国民的合意で出来上がっていますから、特に説明はいりませんね。)


とりあげる映画は、スウェーデン語の原題は、
Låt den rätta komma in
英語に直訳すると
Let the right one come in
l

です。この one は一般的な意味の 「人」 を表しますから、「正しきものを中に入れよ」 という意味ですね。let は使役動詞で、後ろに来る目的語がそのあとの原形の意味上の主語です。これは受験常識でした。

で、そのアメリカ版は
Let me in
c

という題名です。正確には、アメリカ版は、リメイクではない、と監督も言っているようで、各所にスウェーデン版とは違う場面が入っています。そこが、いわば、映画効果以外に、アメリカ人監督も違和感をもったスウェーデン人的なところなのですが。



     ①題名: 一人称を題名に入れる段階で、スウェーデン人ならためらいます。いまや、日本ばかりか
        アジアも席巻している "me generation" の中心のアメリカならではの物言いです。

     ②衣服: スウェーデン版の少年は屋内では裸で寝ています。これは、零下20度でも屋内ではTシャツ
        短パンでいられるスウェーデンの住宅事情では当然です。しかし、アメリカの住宅はそうではあり
        ません。

     ③子どもの好奇心: アメリカ版の少年は隣家の恋人夫婦の性行為を望遠鏡で覗き見ることを常習化し
        ていますが、スウェーデン人の子どもならそんなことに目の色かえません。この点では、日本人
        はもう立派にアメリカ人的ですね。スウェーデン人の主人公は何に好奇心をもっているかという
        と、近隣で起きている猟奇的殺人記事のスクラップ集めです。情報収集の価値を教えるスウェー
        デン人ならではの振る舞いです。

     ④親: どちらの映画も、少年の親は離婚寸前あるいは別居、という状態です。しかし、スウェーデン
        版では、少年が父親のところに遊びに行く場面がありますが、アメリカ版では、父親と母親が電
        話で話すこともうまくできません。スウェーデン人の別居とその間の自由で一見のんびりした空
        気は事実で、これは、アメリカや日本では見られないものです。ちなみに、スウェーデン版の父
        親がアルコールに惑溺している観に描いているのも、アルコールに厳しいスウェーデン人的な倫
        理の反映です。アメリカであれば、あれは、アルコールでなく、性的醜聞とかになるはずです。

     ⑤ベッドイン: 少年のベッドに少女が裸体で入ってくる場面がありますが、これも、スウェーデン語
        原作以来なのでアメリカ版も変えるわけにいきません。スウェーデン人の男女なら、裸で一緒に
        ベッドインして静かに一晩中話す、ということは普通です。私もそうしたことあります。でも、
        日本人やアメリカ人ならば、若い男女がそんなふうにしんみり話すなんでありえねぇ、駄作だ、
        と憤慨する場面になるのでしょう。これは、完全にアメリカがスウェーデンを越えられない場面
        です。

     ⑥住宅・店舗: スウェーデン版のものは、住まいも店舗もスウェーデンに一般にあるもので、私には
        懐かしい光景です。アメリカのものは、きっとアメリカの風景なのでしょう。雪の日に裸足なの
        は、スウェーデンの冬の道路を知っている者にしかその感覚はわかりません。

     ⑦トレーニング: 少年がいじめに対抗するために筋力トレーニングをする場面がありますが、あれも
        スウェーデン人流です。スウェーデン人は、老人も少年少女もマシントレーニングを普通にしま
        す。それが、科学的知識尊重する彼らの行きついた健康管理観なのです。日本では、年少者によ
        るウエイトトレーニングは禁止とか。アメリカでは、逆に、あそこでバーベルが出るのは滑稽か
        もしれません。しかし、スウェーデンでは、あれは最も妥当な行動なのです。

     ⑧いじめ方: アメリカ人の脇役不良は、主人公の少年を "girl" と呼んでいますが、世界一女性の
        収入力のあるスウェーデン人で、それは軽蔑言葉になりません。スウェーデン版では、日本と
        同じ、動物でしたね。また、アメリカ版では、不良がプールの時間で水着の女の子にちょっかい
        出して体育の先生に叱られていましたが、もちろん、スウェーデン人の子どもはそんなバカは
        しません。

     ⑨家出の向き: アメリカ版は列車は左に走っていました。どこに行くのでしょう。スウェーデン版
        は右、上手(かみて)です。これは、明らかにノルウェー方面、つまり、より日照時間の少ない
        土地へと向かったことを示しています。私がいた中部スウェーデンで、冬の日照時間は午前9時
        くらいから午後3時くらい。北部はほとんどずっと暗いはずです。彼女は、そこで、のびのび
        昼間も外を歩けるはずです。
     

     ⑩番外編: 英語版では、いじめられる少年に少女が、いざとなったら自分が助けてあげる、と言う
        場面に続いて I am stronger than you think I am. 「私はあなたがおもっているより強いの」
        というセリフがあります。これはスウェーデン版にはありません。これは、明らかに、この少女
        が別の映画で演じた Hit girl という少女スパイ殺戮者を意識して観客受けを狙ったものでしょう。
        では、スウェーデン版のほうでドラキュラ以外の場面で少女がいつもか弱く見えているかという
        と……終盤で、少年がプールに入る場面があります。それを少女が外の窓から見ています。その
        少女の毛糸の帽子に注目してください。青と黄色の3クローノル模様は、スウェーデンのアイス
        ホッケーナショナルチームのユニフォーム模様です。いわば、スウェーデンのみならず、北欧最
        強の旗印をスウェーデン版の彼女も見せているのです。まあ、それは、スウェーデン人にしかわ
        からないのでしょうが……


でも、このスウェーデン版映画が好評だったのは、スウェーデンの美しさをわかる日本人も増えてきた、ということでうれしくおもいます。字幕が、もうすこし正確なら、言うことないんですけどね。   
映画評、以上.

(20120219記)
この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。