2012 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2012 05
土地の風に
- 2012/04/26(Thu) -
私は、大学時代から自分で働いて生きて、故郷の横浜には、その後の30年間に両手の指の数ほども帰省していないので、

神奈川県のその土地よりは、移動に移動を重ねた数々の土地の風のほうが心象になじんで残っている。

休日の午前、さわさわと流れる風に目を閉じて横になっていると、

ここが、

スウェーデンのウプサラの、森に囲まれた学生寮の自室かといまも錯覚する。

もう少し蒸し暑くなってくると、アキラとその母親と別れた仙台の夏の東北大の研究室へ至る坂道にいまもいるのかときっとおもうだろう。

ざわざわしている島の空港に行く用があっても、イギリスよりもベルギーよりもなじんだフィンランドのヘルシンキ空港のすがすがしさをすぐに求めているし、

旅先のごちゃごちゃしたホテルの食堂では、コペンハーゲンでの乗り換え時間のあわただしさか、もっと粗末なテープルだった、日本の早稲田大学への道筋の 「ミッキー食堂(その後、地上げにあって、年寄り夫婦は大金持ちになった)」 をいまも感じる。

私は 「ホテル」 (通称・ラブホテル、というところには行ったことがないが)が好きで、

東京で働いていたときは、月に何度かは高層ホテルに1人で泊まって過ごしていたが

その時に見える夜景も、東京の空のものというよりも、ベルギーのホテルで感じたのと似た、鎮かな憂鬱ばかりが部屋を充満させていた。まあ、それを味わいに行くわけだが・・・・・・

ここでも猫が私の部屋を出入りするが、
もっともなついて日本にまで連れてきたスウェーデンの猫は、親戚が預かってくれたきり返してくれなくなった。私が教え込んだ人間との散歩習慣も、自分が教えたとその親戚は誇っている。
生きているもの同士だから、訣(わか)れがあっても当然だ

いま来る猫の目を見ていると、新宿での猫とも、その前の中野の猫とも、そのスウェーデンの猫とも、あるいは、
生まれそうで生まれなかった昔の恋人との間にできた子どもの魂とも同じものが、
その目・姿に宿っているようにおもえる。


そういうと、何度でも新規巻き返しがきく人生でも、やっぱり、「一回きり」 の人生なのだ、ということを思い知る。
人生のさまざまな段階で経験できることは所詮は1つきりで、人はそれを記憶して次の人生の段階へのぼっていくしかない。

人と人との意見の衝突も、確かに、そうして積もり重なった経験の違いにしか基づかないのがほとんどだから、
自分と違う考えのニンゲンをことさらに攻撃・排斥・嫌悪する一部の者に対しては憫笑のみだ。


さて、いま、窓から見える景色のここは、どこだ・・・・・・?
ああ、南の離島だったんだな・・・・・・やっぱり、外国語を話せる土地にまた行こうかな、それなら、いっそ、非印欧語の土地にいってみようか、いや、2年前に私がここから送り出した島の若者が教師となって戻るまで、約束どおりここにいるか。

s


(本記事は2008年4月20日に書かれた.)


この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
《番外》 沖縄へ移住しようとしている方々へ
- 2012/04/22(Sun) -
定年で沖縄へ家を建てて住もう、とか

職場で疲れたから沖縄で一服しようか、とか

そうして

沖縄に家を建てて、あるいは、十分な賃貸料を払って、しばしあるいは死ぬまで定住しようとしている人々へ.




あなたは、沖縄の人々より、

お金をもっています.

ですから、


大事にされます.


客として.


そして、

あなたは、


沖縄の人々より、


高学歴、有名大学、有名会社出身であることが多いです


ですから、


あなたは、沖縄の人に大事にされます.


沖縄は、人材難です.


あなたの経歴はみんなが目を瞠ります.



かくして、あなたの沖縄生活は順風満帆に始まります.



☆ ★ ☆ ★ ☆ ★



朝、起きて、ゴミをい出すと、近所は、好き放題に出しています.


東京でカラスの対策に近所一致してしたのとは大違いです.

しかも、新宅地のあなたの家の近くにゴミが勝手に捨てられています.以前は空き地ですから.



あなたはご近所に苦情を言います.東京なら当たり前のことですが、

沖縄では、逆に、

ナイチャー
は細かいことにうるさくて困りもんだ、

ということで片づけられます.


また、


あなたが、


どこかの職場でパートでもしても、


東京の企業気分でてきぱきしていたら、言われます.


ナイチャーは和を乱す
と.

ここでは、パートは、お金を楽にもらうためのお茶と雑談の場所、と思っている人がたまにいて、
職場で幅をきかせています.内地のキャリア志向は、ここにはありません.
沖縄の基本賃金は東京の高校生でも唾棄するほどで、失業率も内地の比ではありませんから、
仕事=楽してお金もらえるところ、とおもう、特に30代以降の中年男女に多いのです.



同様に、ご近所付き合いでも、


あなたは、沖縄では手に入らないものをもっていますから、大事にされますが、

東京では当たり前だが周囲と異なる生活習慣を示すと

ばかなナイチャーだから、


排斥されます.

沖縄、ということでうれしがっていると、服装、買い物、はては、笑顔まで、嘲笑の対象になります.
私のところに勉強にくる高校生が、窓から、旅行者のタンクトップを見ては、
ばぁか、と笑っています.日焼けで水膨れになるからです.
彼女らは、決して意地悪者でなく、標準的な高校生です.
この土地の若者は、南の土地のことを知らない内地の者に食傷しているのです.




沖縄では、毎日昼のニュースで、

基地問題を報道しています.

私のような外国から来た者でも、

沖縄は日本政府から不当な苦しめを与えられている

という意識を持ちます.


そこへ、移住して来ようとするなら、それなりの覚悟をしていらっしゃい.



沖縄の自然は素晴らしいです


沖縄の食物も、それなりに、独特です.


ですが、

人は、必ずしもことごとくが
もはや、伝説の、「南の楽園の善人たち」 ではありません.



あなたたちを、観察し、


利用できるなら、親しく、大事にしてくれます.だが、


自分たちに合わないと認定されたら、



そう



幼稚園や小学校の、仲間はずし、の構図を、大の大人たちがこずるくする、

と思っていていらっしゃい.  要するに、

人間関係構築に自信をもって来ればよいのです.




まあ、これも、


日本の一形態だ、   郷に入っては、   だ


と思えれば、


ここでやってゆけます.




(私が書いているのは、私が住んだ先島列島の島々の経験だけですので、ご了承ください.

少なくとも、

芸能人・マスコミレポートとは、定住者への扱いは違う、と知っておいたほうが老後の選択を誤らないで済みます,

島民から疎外されて、せっかく移住して作った家から出ようにも出られないご老人夫婦を私はいくつも見ました.


東北や、北陸や、北海道とちがって、沖縄は、難しいところですよ.)




s






この記事のURL | 日本という国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
土地  食物
- 2012/04/22(Sun) -
        スウェーデンにいたときは、日本では過去にも現在も食べなかったようなものを食べていた.
   
        切ると包丁がべっとり白い脂まみれになるソーセージ

        チキンの丸焼き、両脚・胴体とも

        イギリス製ウイスキーらっぱ飲み

        チョコレートを紙袋にスコップですくって買うやぼりぼりかじる・・・



* * * * *




        どこの土地にも風土に合った食生活というものがある.


        それは、単に、カロリーの増減ではなく、気温や湿度や風光と合った食物、ということなのだ.


        昼から、たっぷりしたサンドイッチのランチなど、

        スウェーデンの明るい初夏の空の下のベンチなら、まあ、そう苦にならず、爽快ですらある.


        同じように、水にちょっと味をつけただけの飲み物でも、スウェーデンの空気の中では気持ちよい.



        しかし、同じ、サンドイッチでも、
        東京の空の下では大きすぎ、食べる口に窮屈だ.
        ミネラルウォータも、東京では、味気ない.



        東北にいたころは、新鮮な魚介のとれるところで、ほぼ毎日寿司を食べていた.

        だまって座れば、カウンターだけの居酒屋で、
        ただ一人の老婆が無言で私にキープの日本酒一升瓶と家庭料理を三皿出す店もありがたかった.



        しかし、ここ沖縄では、そんな店は、ない.

        無論、一人で飲んでもよいのだが、基本は、みんなで泡盛を回すのが沖縄の飲み方だ.


        饒舌で、快活でなければならないのが作法で、カウンターでひっそり、という飲み方はダメと言われた.


        沖縄の食材も、きっと、東京でまで食べたいと思わないものだろう.
        豚の三枚肉も、ソーメンチャンプルーも、ここだからうまいのであって、
        東京でなら、仙台でなら、もっとうまいものがあるというものだ.


* * * * *



私は、日本とヨーロッパのどこでも、

気候と食事と言語には対応できたが、

人、とは、日本では、どこでも、ということはなかった.


言語や気候はその土地で単一なのに対して、


人は、小さな島国でさえ地方によっても単一ではない、という当たり前のことによるのだろう.



まあ、私は、日本では賢くないわけである.





u
(ウプサラ市街、ほぼ毎日自転車で通った小路)



        



        
この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
己を知る
- 2012/04/09(Mon) -
私は、ずっと、親元を出た19のころと同じ気分で生きてきたし、

それでいい、とさえおもってきたが、

そんな大過ちをしていたことに、

やっときょう気づいた.


人は、自分を知らなければならない.


人が見る自分が真実では無論ないが、

人が見る自分を知った上で、真実の自分を認識しなければならないのだ.



何も見ず、自分で自分を見ず、人が見る自分も見ず、ましてや自分の本質に気づかず、


こんな中年いや初老男など、いったいなんだというのか.



まだ、まるで、だめだ.



carolina
(ウプサラ大学 Carolina 一般閲覧室内)

この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
欠乏におもう ── K29同窓生に
- 2012/04/03(Tue) -
私は、他の中年男がもっているもので自分がもっていないもの実に多いが、
テレビもまたそのひとつだ.

私の住まいにテレビがあったのは、
大学生になってから下宿した先のおばあさんが亡くなったときに形見分けにもらった時と、
スウェーデンで親しかった中国人娘が死んだときに遺族から形見分けにもらった時と(!)
(どちらも私が所望したわけでなく、遺族が貧乏学生を哀れんだからだろう)
同棲したときに恋人がもってきた時
だけで、35年間で、トータルしても1年ぐらいだろう.

では、まったくテレビと隔絶していたかというとそうでもない.

スウェーデン時代は、外国放送に出るスウェーデン語の字幕をノートに書き取るために共同リビングでよく観たし、

日本のドラマも、そのサイトで一気にインターネットで観たりする.



それでも、日本のたいていのテレビ番組からは隔絶されていた私なのだが、

先日、もっている携帯電話が古すぎるということで、無理やりスマートフォンというものを買わされた.

そこで、「ワンセグ」 という名前があるところなんじゃろと押してみたら、沖縄の離島でも、
NHK2局と民放3局が映るではないか.


おりしも、きょうは、全国を寒波暴風雨がおおっているらしい.その一方で、プロ野球などもやっているのがわかる.

プロ野球、これが世間のオヤジが晩酌しながら観るものか、そのわけは、
この投球の間隔が箸の動きと、打者の一喜一憂が自分の気分とシンクロするからなんだろな、ということがわかったり、

暴風雨下の新宿に、ああこの通りは、学生時代につきあっていたアメリカ人の娘と口論しながら通ったな、
会社員時代にネクタイを春のきたならしい風に煽られながら歩いたな、などと想像力がふくらんだり、

単なる受動的に観ている存在以上のことがあるもんだ、などと・・・

・・・・・

それがどうだというのだ.

昔の自分と関係ある場所をテレビでみて、私は、昔を懐かしがるほどいまが退屈ではない.

自分が行けない外国、自分が会えない人の映像をテレビでみて、世界は広いなぁ、行きたいなぁ、などと座して思うほど


私はまだ閉塞した膠着存在ではない.




若いころの自分がいまの自分を見たら、

あんたみたいになるためにおれは外国人の中で戦っているんじゃない、と背中をどやしつけられるかもしれないが、



昔の自分がそう言うのなら格別、



いまの自分は、まだ、全力で前進する意思があるというものだ.



そうだろう、みんな.



f
(ウプサラ大学学生寮の夕暮れ)




この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |