2009 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2009 05
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
異なる文化に出会うとは
- 2009/04/25(Sat) -
ある映画をインターネットの某サイトで観た.


知恵遅れの青年の部屋を教師が訪れる場面があった.


ベッドと、はがれた壁.そこには工場で働く青年と仲間の写真があるだけだ.


教師は 「いい部屋ね」 と素直に言った。
すると、映画を見ている者たちのコメント(そう書くと、どこのサイトかわかるだろうが)もまた、


「いい部屋」 「こんな家具、日本でもつくればいいのに」 「電球はむきだしでも味出てていい」 「なんかオシャレだな」 「なんかイイねえ」 「かっこいい部屋」 などと表示された。それに対して、「これは決してオシャレな部屋って設定ぢゃないだろ」 という書き込みまで出た.


* * * * *


むろん、その場所は、外国の暮らしでは粗末を極めた部屋である.


それが日本人には 「オシャレ」 で 「イイ」 と目に映るのは、それが異なる文化の意匠だからだ.


文化が異なれば、ドアノブのつくり1つから私たちが見慣れた日本のものとは違ってくる.


そこに、愉しみ、心地よさ、を感じるのは、当然のことだ。
無論、そこに、その民族ならではの工夫があってのことだろうが.
そして、日本では、政治的に、地理的に、「行きやすさ」 から、
アメリカが唯一の外国異文化のように見られている.
「アメリカン」 であることが、異なる文化がもつ心地よさの唯一のステイタスになっている.
むろん、世界でそんな国は日本だけだ.
ヨーロッパでは、アメリカは新参者で 「尊ぶべき文化伝統のない国」 と教科書で読んだことがある.





スウェーデンのIKEAも、先年ようやく日本にもでき、マスコミに紹介されるようになってきた.


IKEAは、10年くらい前、私がスウェーデンにいたころにも、寮の友人と休日に大挙して買い物に行ったものだ.むろん、本家スウェーデンのIKEAはそれよりずっと前から存在する.



日本に異文化が移植されるのは、映画や音楽ならば最短でたいていヨーロッパの3年遅れ、
IKEAのような大規模なものだと数十年遅れになる.



日本の若者たちよ、待っていずに、もっと自分たちで船を漕ぎ出せ.

日本でちまちま 「勝ち組」 などを目指すより、もっと、地球に住むニンゲンとして、自分の規模を大きくせよ.



未来の人類と地球の行方を決める礎になるのは、決して会社や組織で利ざやあげ上りつめた者ではなく、


これまで同朋のわからなかったことを持ち帰り教え広める1人の 「変人」「異人」 である、と、
そう歴史も教えているのだから.




s



スポンサーサイト
この記事のURL | 次世代 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
字幕
- 2009/04/17(Fri) -
きょう、また、島の高校3年生の女子が私の部屋で勉強したいと来た。
雑談していたら、映画が大好きだ、とのことだ。島には1軒しか映画館がないのに。
私も映画が好きで、東京にいたころは有楽町に通いたいばかりに京浜東北線沿いの品川に住んだ。



映画には 「字幕」 と 「吹き替え」 がある。どちらも字数制限があるだろう。
私はそれらの訓練を知らないが、
以前つきあった女性が字幕翻訳でバベルプレスの雑誌で一等をとったりしていた。
その彼女がスカパーの字幕の仕事のトライアルをしたときに原稿をみてやったことがある。
初歩的な英文法の誤解のせいで会話がスムーズでない箇所があったので直してやったものだ。
条件節のないsubjunktive(英文法だけの用語 「仮定法」 とはあえて書かない)をふつうの過去の文に訳していたから、意味が不自然になっていたのだった。
(だから、高校生は英文法と読解をしっかり勉強するのがよい。)



字幕は吹き替えよりもはっきり目に入るので、
しゃべっている言葉と、話の展開とでどうしても合わない単語が目に残る。
それを性分上、チェックしながら観るので、どうしても映画そのものを愉しめない。
(私がそうできるのは、ヨーロッパの言語だけだ。だから、中国や香港ものは気楽に観られる。)
「爆発」 でなくて 「破裂」 のほうがいい、とか、「しごいて」 よりは 「鍛えて」 のほうが後につながる・・・といった具合である。
まあ、言葉、というものは、単に頭脳の問題ばかりでなく、センスの問題だから、
とやかく他人の作品に言っても仕方ないのだが。これも、年をとったせいか。



v



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
達観できぬ、さりとて・・・
- 2009/04/15(Wed) -
「なにがほんとうに良いのかわからないから」 と言って、
会社でどんなポジションに置かれようが泰然としていた知人がいた。

「オレはどんなことにも期待しないから」 と、
周囲がどう激変しようと平然としている力強さを感じさせた知人もいた。



私は、あいにく、そのような境地になれなかった人間で、
指導教授であろうと上司であろうと、おかしいところは当然の如く文句をつけたので
私を理解する人と同じくらい多く敵もつくってきた。



そうして半世紀生きた私は、いまだに
「なにがほんとうに良いのかわからないから」 とも 「オレはどんなことにも期待しない」 とも言う気はない。
もっとも、いまの私は、知人によれば隠遁者だそうだから、
もともとなにも言う機会などないのだが。



いま、私が世界・社会・日本人をどうみているかというと


自分のあり方を言うのはむずかしいが・・・・・・



憎まない、驚かない、落胆しない、安心しない、満足しない




ただ、観ている



地球・人類・世界にとって、なにがよりよいことなのかを思考しながら。




b




この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。