2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
未来は世界を知ることのうちに
- 2017/05/04(Thu) -
スウェーデン人の民族学者イリス=ヘルリッツ(Gillis Herlitz)によれば、「スウェーデン人は人前で自分の子どもを声高に叱りどやしつけるようなことはしない」という(Svenskar s.94)。この発言は、もともと、いまや移民第三世代の時代を迎えるスウェーデンにおいて、スウェーデン人側から、異文化の担い手である移民に対して自らの文化・国民性を弁明しようと意図された書中なればこそあえてなされたものだとはいえ、私たち日本人には、とりたてて驚くような事柄ではないと言えよう。確かに、それらは、家長、あるいは、親が子に絶対的な権限を有する、主として中近東の国々からの移民に対して言われなければならなかった断り書きだったろう。だが、その実例が、マーケットで自分が食べたいお菓子の前でぐずっている子どもの顔の高さにしゃがみこんで静かに目を合わせて語りかける母親、ということになると、日本人にとってもいささか痛いところをつかれた気がする人も多いことだろう。しかして、スウェーデン人の母親がそうする理由が、「それを見る他者に苦痛となるような行為を慎むのがスウェーデン人であるから」と言われると、もはや、おおかたの日本人の親は、そうやすやすと「私もそうだ」とは言えまい。この「他者に苦痛となるような行為は慎む」というのはどのようなことなのか。単なる、むしろ日本人には得意な、「世間体をはばかる」ということなのか。
 ヘルリッツはさらに、「スウェーデン人の親は子どもを教育していない」という外国人による非難に対して、「スウェーデン人の親も家では子どもに口うるさく言っているのである」と弁明している。このように言われると、まさしく「世間体をはばかる」ために、スウェーデン人の親は人前で自分の子どもを叱りつけないのだ、と言ってよさそうにも思える。

* * * * *
 
「国民感情」という抽象的な言葉にも確かな実態が存在する。それは、その国民が代々受けてきた学校教育のおかげで、また、各時代においては、マスメディア等によって形成される情報のおかげで、その国民が自然とある特定の事柄には特定の方向の感情を集団的に共有せざるをえない性質をもつに至った状況を意味している。たとえば、私たちが「核兵器」と言われれば、「もうやめてほしい」という嫌悪にも哀願にも似た感情を抱かざるを得ないのも、私たちが受けてきた歴史教育のおかげだ。たとえ、広島や長崎で肉親を失っていない者でも、私たち日本人は過去に生きた人から現代の者まで、ずっとそういう感情を抱かざるを得ない点で他の国民とは異なる国民感情を有する。近頃できた「勝ち組」とかいう言葉で表されているとされる人々が有する生活水準が何か人生の成功指標のように思われているのは、この時代限定の国民感情であろう。
 そして、スウェーデン人の国民感情としてあるもののうち、最も大きなものの一つが、「他者が苦痛を受けているのは見るにしのびない」という心情である。スウェーデンでは、早くから夫による虐待を受けた女性のための避難施設が設けられた。いまでは、子どもが親にぶたれそうになると、子どもが「ぼくをぶったら警察に通報するよ」と親に言うと前掲書にも書いてある。激昂した外国人がスウェーデン人と口論をして、相手の襟首をつかんでスウェーデン人に「殺すぞ」と言ったとしたら、それは立派に警察に通報する理由になる、とやはり同書に書かれているし、私は、酒の席でそういう場面にでくわし、同席していたスウェーデン人女性がすぐに警察に電話する様子も見ている。幼稚園では、日本風のアクションヒーローの変身ポーズを日本人の幼児がしただけで「あぶないからやめるように」と先生が制止する光景も見た。帰国した日本人主婦は、スウェーデンになじんだせいで、日本の母親が子どもに金切り声をあげたりおどしたりするのを見ていて苦痛になる、ましてや、子どもをたたく親は見るにたえない、と私に手紙をよこした。
 スウェーデン人の親は、こうした心情から、人前でぐずる子どもを叱りつけるようなことをしないのである。それは、もちろん、自分の子どもをどやしつけることで子どもに精神的ストレスを与えたくない、という気持ちもさることながら、もっと大きなことは、そのような光景を見せられた他人が苦痛を感じることをすまなくおもう気持ちなのだ。
 さらにこうしたことは、スウェーデンでは、なにも人間同士・子どもや女性相手の場合ばかりでなく、対動物、はては、自然環境に対しても言えることなのである。動物虐待とは無縁なのがスウェーデン人の動物に対する考え方だ。犬や猫でも、それが苦痛を感じるようなことはしたくない、という感情がだれにもある。自然の景物・貴重な遺跡もスウェーデンではたいていが柵もないままに原野・広場に放置されている。そのようなものを盗んだり傷つけたりする者はスウェーデン人の中にはいない、という確たる認識があるからなのだ。(スウェーデンがEUに加盟する際の国民投票の結果が賛成五十一%・反対四十九%と票を割った理由が、ヨーロッパの諸国人に自由にスウェーデンに入ってきてもらいたくない、という感情だった事実にもこの点は反映されている。)学生寮の前にふんだんにいる野生の大型のリスやハリネズミなども、それをつかまえてどうこうしようという考えを抱く者はスウェーデン人には絶無だ。自然に存在するもの・野生にいるものは「そのままにしておく」ことが、他者に苦痛を与えないスウェーデン人流の態度なのである。
 こうしたスウェーデン人の国民感情から生まれたのが fridlysa というスウェーデン語の動詞である。スウェーデン語はゲルマン語族に属し、英語やドイツ語と対応する単語がたいていは存在し、さらに、同じ北欧圏のアイスランド語・ノルウェー語・デンマーク語とは姉妹言語で方言同士の差異以上には違わない言語なのだが、この fridlysa だけは、スウェーデン語にしか存在しない単語である。単語の構造は、「平和」を表すfrid-(ドイツ語の Frieden に対応)と「相手が求めるままにしておいてやる」という意味を表す -lysaの部分(英語のlet 、ドイツ語の lassen などが対応)との合成語である。この、「平穏なうちにあるがままにしておく」という動詞が過去分詞になると「保護された、保護されている」という意味にまで発展する。

* * * * *

 スウェーデン人の親が人前で自分の子どもに金切り声を上げないのは、決して「世間体をはばかる」ためではなかった。日本人の「世間体」は、生活のさまざまな局面に「恥」と「禁忌」を重んじる態度の反映であろう。しかし、スウェーデン人が子どもを人前で叱り怒鳴りつけないのは、彼らが有する「それを見ている人の苦痛となるような行為は慎む」という、「他者に苦痛を与えないことを何よりもよしとする」心情こそがその根底にあるものだったのである。果たして、それを共有する国民はどこかにいるのだろうか。
 政治制度や天皇制(王制)は意図的に、文化の流行などは自然発生的に、スウェーデンのそれらを模倣している局面が実は日本社会にはさまざまな場面で見られる。しかし、スウェーデン人の国民性は、そのさまざまな特質のうちのこうした一つをとってみても、一見すると日本人と類似しているような性質でありながら、その真実のあり方は日本の文化風習しか知らない日本人にはとうてい想像だにできないような性質のものなのだった。
 私たちがよりよく人間(じんかん)にあって生きるには、また、私たちが未来に地球環境の中でよりよく生きるには、私たちがもたない知恵や心情を有する他の文化の担い手から学んで自己を変革してゆくしかないだろう。そうすることで、地球規模で他者理解の環(わ)が構築されてゆくはずである。たとえそれが、ニンゲン的愚かさから、我が身にまとうにはとうてい困難であろうとおもえる知恵・心情であろうとも、未来の世代は、その多様な袖に手をとおし続けてみる努力からのがれてはならないだろう。
この記事のURL | 世界 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
日本人の精神の貧困
- 2017/02/17(Fri) -
私がスウェーデンに、行って帰らない留学をした時、最大の恩師・原 實 先生は、
ヨーロッパは実力主義だからな
という助言をくださった。望むところ。私は自分がやっと正当に戦える世界に行けると満足だった。


日本はその反対、「馴れ合い」や「情実」の社会だと言われる。

そうした日本の現状を嘆く人々はすでに多くいる。

私がここで言いたいことは、

馴れ合いでトントンと「出世」したかつての同僚を知る大多数の人々が、
われもわれもと「出世欲」にかられ、

家族交友関係を忘却し、上の者の顔色を気にかけそれに左右され、
なんとか自分も「上」に、「勝ち組」とかいうものに入りたい、と、
地道にこれまで40年50年と生きてきた人々までが、
亡者(もうじゃ)
と化している日本社会の状況なのである。

どうして、
毀誉褒貶などは愚、だと気づけないのか。
よい年齢になって、かえって、地位や肩書をほしがる初期中年層たちよ、


きみらが不安定でどうする!

若者に、

真の実力あるものを目指せ、ときみらが言わないでどうする!


日本の精神の貧困は、まだまだ続きそうだ。

20121028-073626.jpg
この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
正しさの(一)
- 2016/10/18(Tue) -
人は、みな、自分の愛するものと生きている.生きているなら、愛するものといるはず、という心理の逆である.




愛する研究対象



愛する人




愛する動物





役立たずだが愛さざるを得ない子ども・・・など




だから、




ニンゲンはみな幸福なのです.





それを、




ノーベル賞をとった人と比してうちの息子の不出来を嘆くのはまちがいとなります.





愛する研究対象に邁進した人と、

愛する木偶の坊の息子にご飯を作り続けた人生と、




自分の愛の対象にすべてを捧げた、という点では同じです.



この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
- 2016/10/08(Sat) -
犬や猫などのペット動物の生涯は、寝て・動いて・食べて・寝て、の繰り返しだ.



ニンゲンがそのような人生を強要されたら、半分監禁と同じで、刑罰に近くなる.

ふつうは、そのような生は御免だろう. いや、引き籠りの人々はそのような生を選択したことになるのだろうか.

いや、高齢になれば、だれでもそのような人生を送ることになるのか.



高齢になると、寝て食べて動いてまた寝る、という犬や猫と同じ生を生きることになるのだとすれば、


それ以前の私たちの生はそれとどれだけ異なるというのだろうか.





ノーベル賞をとったり、苦しんでいる人々を救う活動に挺身したり、

人々の安寧のための活動に精進したり、人類の幸福を増大させるような技能を伸長させたり、


そのような活動に従事して努力するのが我々ニンゲンの人生だというのだろうか.




私の場合、勉強も暇つぶしだった.猫がおもちゃにじゃれるように、気晴らしに勉強しただけだった.


それで、海外に派遣されたりしたが、所詮は、自分の愉しみのための活動だったから、


ほどほどで、もういいか、とおもってやめてしまった.


私のようでなく、学問を「道を追求する」というような神聖な目的で行っていた者たちや、

よりよい生活を保障する職業に就くために勉強生活を行っていた人々は、


いまも学問世界にいて、人類のかろうじての進歩を支えているということになるのだろう.




自分の意志で生きている、というのは、極めて過酷な状況下で生きる人々はみな抱かざるを得ない感情だろう.

自殺を意志するか迷い続けている人々にも、生きる選択は意志的なものになるのだろう.

無論、人類に貢献する活動をしようと意志している人々の生もまた.




では、きょうも寝て食べて動いて寝るだけの動物たちの多くは生きていないということになるのだろうか.


意志的に生きているグループのニンゲンたちが、真に生きている、と言えるだけなのだろうか.





食用にされる家畜たちの生はいざ知らず、犬や猫たちの生、大部分の野生の生命は、

生きる意志をもたない、有意義なこと何も無し、の生なのだろうか.



生きるという意味において、ノーベル賞受賞者と我が家の猫と違いがあると私たちは断定してよいものなのだろうか.

かつて、死んだ我が家の猫を助手席に載せて埋葬場所へ向かうとき、クルマのラジオで我が国のとある人間国宝の人物の死を報じていたのを聞いた時の私の感情は、愛する者の死のほうが激甚な悲しみで、その生の損失も大きい故に、その生もまた大きかった、という確かな悟りを生んだ.


生命とは、奇妙なものだ.数分前までは動いて息をしていたものが、もう、動かず息もしなくなる.ニンゲンが生を創造できない以上、生きるということ自体が、奇跡で尊厳ある事象なのだと言うべきだろう.





我が家の猫たちは、きょうも、尊厳を各所で示しつつ、寝て、食べて、動いて、寝ている.


PA0_0040.jpg



この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
権限外
- 2016/09/10(Sat) -
ニンゲンに他者の生は管理できない

たとえ、子猫いっぴきにもせよ




医師たちとて、肉体以外のところは力が及ばぬ

教師や親とて、若者の精神をカヴァできはしない


かくして


損なわれるもの 死ぬものは多く

生き残るものも常に破壊神の隣にいる



生者のこの世界とは そうしたものなのだ

この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
永遠
- 2016/06/12(Sun) -
ふるさとに帰って、



あれほど鮮烈な思い出の日々とともにあった風景がいまはもう跡形もないことを如実に知る.







だからこそなのだ、私たちが、永遠 を意識するのは.









すべての実相に常なるものは無い、ということがあきらかに意識されたとき、





無常である流れの中に打たれた棒杭のように、永遠が存在することができるようになるのである.


1325299379109.jpg
この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
会話重視? 噴飯もの
- 2016/06/05(Sun) -
会話重視の日本の英語教育は、



日本の、真の開国の妨げになる.




会話は、カンタンだ.
外国人と結婚した人がすぐにしゃべれるようになる現実を見ればよい.その時間と労力と、たとえば、あなたが、受験で長文問題を完璧に読めるようになるまで期間を比べればよい.




論理的な文章を読み、




恥ずかしくない程度に文法的誤りない文書を書けるほうが、生活会話よりも遥かに難しい.

アメリカで生活していても新聞も読めない人々の数を知っているか?





その現実をまだ知らない日本の教育現場が変わらないうちは、




日本は、まだ、坂本龍馬が奔走した時の延長で、開国前、



と言うしかない.



u

この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
英文法
- 2016/06/05(Sun) -
日本の学校の、英文法、の教え方が意味がない、というような論調が、日本にはある.

文法ができても会話ができない、という理由だ.








それは、



本当に、英文法がわかっていないで会話するからそうなるだけなのだ.




会話より、




正しく、読むほうが難しい.




より、正しく、書くほうが難しい.





私は、かつて、





受験勉強一辺倒で、最後には、受験勉強として英語のペーパーバックでスタインベックやヘミングウェイを読んでいた.

英単語の暗記などはしたことがない.受験の前日に同級生がずっと教室でしがみついていたものを買ってチェックしてみたら、知らない意味は数語だった.数十分ですぐに学んで終わった.



早稲田から選ばれてスウェーデンに留学した時、



ヨーロッパからの各国からの留学たちが、英語論文を書くための授業に出るように義務付けられていたが、

私は、英語論文が完璧だったという理由で、英語授業を免除され、余った予算で何をしてほしいかをウプサラ大学から尋ねられた.


私の答えは、無論、「スウェーデン語の個人教授をつけてほいしい」 だった.



私は、それで、スウェーデン語、及び古代スウェーデン語、北欧諸語をマスターしたのだった.



そんな経緯と経験は、いまの日本人学生には多すぎるだろうが、しかし、



日本の受験英語が無意味だという風潮が間違いだという証拠には私はなるだろう.





完璧にやればいいのだ、受験英語でも.





できない者が、「これは不完全」 と言っているに過ぎない.

若者たちよ、世間の営業情報に迷わされず、精進するがよい.完璧まで.


carolina
この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日本もまだ世界に未知
- 2016/05/25(Wed) -
フランスの制作で、綱渡り師のドキュメンタリー映画を観た.





主人公が訓練時代に、師匠から

「多くの綱渡り師は到着の直前で死ぬ.あと3歩で傲慢になって自惚れるからだ」 と言われていた.





その知恵は、兼好法師が 「高名の木のぼり」 ではるか昔に諭しているから、中学生になればたいていの日本人は学ぶ.





日本人も世界を知らないが、

世界も、日本の知恵や美徳をまだまだ知らない.



若い人々は、これから為すべきことが実にたくさんあるんだな.

20130612-153455.jpg

この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
真実
- 2016/05/25(Wed) -
知り合いの酪農家の、孫まで数頭産んだ乳牛が亡くなった知らせをうけた.





多くの知り合いの言葉とは、私は、違うことばしか吐けない.




愛する者の死



それは、いまを生きる我々ニンゲンにとって最大の苦痛であろう.



配偶者、子ども、同居の動物、期待していた若者、など、



その死はだれにも最大の苦痛だ.



飼育していた乳牛は経済動物だと言われるが、



ニンゲンは、そんなことで割り切れはしない.



そもそも、赤の他人の飼育牛の死で、激甚な苦しみを味わっているこの私がいる.牛の飼育者ならなおさらであるにちがいない.






問題は、

この苦しみの感情をどう扱うかなのだ.


経済動物だから、なんでもないよ、というのは違う


動物だから、そんなもんだ、というのも違う


生き物はいずれ死ぬ、それがどうした、というのも違う




生の喜びをフルに享受するのがこの世の幸福なのかもしれないが、


死に対面したときに私たちに残る感情、


それを、誤りなく、受け止めることができるようになることが、


人生の最大の課題なのではないかとおもわざるをえない.

20130525-144125.jpg

この記事のURL | 世界 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ