崇高な彼女
- 2017/08/19(Sat) -
(10.6.16.記)


1か月ほど前には、わが家におなかの大きいメス猫が3匹いた.

1匹めを、考えに考えた末に避妊手術した.


ぺったんこになったおなかで帰ってきた彼女は、もともと親もわからなかったのだが、これで子ももてなくなった.
これからは、私ひとりが彼女の家族だ.


翌日もう1匹を獣医に連れていこうとしたら、ふっつりと姿を消した.そして、そのまま、いまも見なくなった.


そして、3匹めをどうするかためらっていたところ、彼女も姿を消した.そして、ぺったんこのおなかで戻ってきた.

その彼女は、えさをよく食べるようになったが、子猫がそばにいるようには見えなかったので、死産だったか
流産したのか、かわいそうに、と思っていたが、

きょう、子猫4匹を連れて、ベランダに戻ってきた.

その母猫も、そのまた母猫も、私のところで、この3年の間に出産してきた.これで、4代目ができたことになる.


よく、野良猫の避妊手術は必須という意見に出会う.

しかし、猫も、街猫として土地に住む権利をもつはずだ.

食事とトイレをヒトが始末してやれば、世界遺産の、人口と猫の数が拮抗する西ヨーロッパの歴史的な街のように、
ヒトも猫もすみやすい土地になるのではないか.



私のとなりには、私が妊娠中にもかかわらず手術した猫が寝ている.彼女の孤独はどれほどだろう.


栗之丞



私のところの猫の家系は、孫は自分の祖母の猫を知らないようだが、二代目は自分の母も子どもたちも知っているようだ.
娘たちとはいまでもならんで日向ぼっこしている.猫にも、家族意識があるのだ.


sumi&ann


子どもが自分でエサをもらいに動けるまでは、どの母親も、自分は一切たべずに、運べるエサはくわえて巣に運んだ.

牛生肉なども、自分は絶対に食べず、5回でも、6回でも、家を出て、ベランダを下り、木に登り、隣の廃ビルの下の
子猫のところまで、食べ物を運ぶのである.
それは、初代も、二代目もそうだった.そして、いまの母親もそうするだろう.

自分は食べず、授乳しているので、やせて筋ばっても、母猫は子猫へとエサを運ぶ.



その姿は、どんな兵士にも劣らず勇壮で、


どんな修行者にも劣らず忍耐強く、


どんなメロスにも劣らず断固とした意志が貫いてい、


どんな神さえも道を譲るであろう神々しさをたたえていた.



二代目も三代目も、残ったのはメス1匹きりだったから、いまの赤ん坊4匹もいずれは旅立つことだろう.

しかし、母の務めはそのようなことにかかわりをもたない.


彼女は、ただ、 貫徹する だけなのだ.

ann



(当の子猫の写真は後日掲載)



anns
この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
悲しみにかわりはなく
- 2017/08/01(Tue) -
先月、我が家で生まれて9か月ほどした猫が家から少し離れた路上で死んでいた日、







お隣の協力をえて埋葬を済ませて、







それでも、自分でもクルマを走らせていたら、







ラジオで、なんとかいう人間国宝の人物が死亡したニュースをやっていた.







その人物の家族の悲しみと私の悲しみに深さも性質もちがいはあるまい、と確知した.







そして、このニュースを聴いている私のような一般の人々とあの猫の死骸を私より先に路傍で見た人の悲しみ、いや無関心さも同程度のものであったことだろう、と直覚した.






それを、いま、書いておく気になった.






20121229-093242.jpg

130715
この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
- 2017/02/24(Fri) -
言葉の慎み賢さは 猫 から学ぶといい



行動の純粋さは 犬 から学ぶといい


この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
期待
- 2016/12/14(Wed) -
私が死んでも、


猫たち犬たちには、


喪失感でうろたえたりせず、


無常を観じて


淡々と生きていってほしいと願う。

20130123-061006.jpg

20151110-021609.jpg

20160103-210910.jpg

201605011912140ac.jpg

20160109-172922.jpg

20160103-155807.jpg

20151101-211951.jpg
この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
佐野さんのことば
- 2016/08/24(Wed) -
「ほしけりゃその猫やるよ」 

これは、私が100万回生きた猫の著者佐野洋子さんをスウェーデン語版翻訳の打ち合わせで訪問したときの佐野さんのことばだ。「猫」 とは、佐野さんが飼っていらした白猫である。
西暦2000年の冬のことである。



その猫が、私と佐野さんが炬燵で蜜柑を食べながらテレビを観ていたときに、佐野さん側でない私の体側にぴったりよりそっていたので、佐野さんがそう言ったのである。佐野さんを知る人の想像の通り、かなり、投げやりに。








「その猫きみになついているようだから、連れていっていいよ」

これは、私が先日、私の家に勉強に来る沖縄の離島の男子高校三年生に言ったことばだ。私は佐野さんとは違い、微笑んで。

20141111-202024.jpg

20141117-192725.jpg



そして、自分でこう言った時、ああ、これは、昔自分が言われた佐野さんのことばと同じだな、と冒頭の佐野さんとのことを思い出したのである。





私が高校生にそう言ったのは、私のところには毛物が八名おり、そのうちその高校生になついているものがいるので、母子家庭の彼の家なら、私のところと変わらぬ愛情をその猫に注いでくれて、猫にとっても、こことは違っていてもそれなりによい環境で生きられるのではないか、とおもったからである。






佐野さんは、スウェーデンから一時帰国していた私に本心から冒頭のように言ったのか、もしそうなら、その白猫が、私とともにスウェーデンに渡って、広大な自然の中で穏やかに生を全うすることを願ったのだろうか。佐野さんも持病があり、私も持病があり、自分が先に逝って猫が残ったときのことを考えると、信頼できる者に愛する毛物を託したい、と私はおもっているが、佐野さんもあのときそうだったなら、・・・・・・しかし、私は、そのときの佐野さんのことばを、あの人の常である、突き放した強気な発言の一つととらえて、ちゃんと考えてみもしなかった・・・・・・






白猫も、もう、この世にいないであろう。どちらが先に逝ったのか知らないが、飼い主の死後も白猫がだれかに飼われておだやかに生き切ったとなんとなくおもっている。佐野さんが、最後、たったひとりで逝ったとはおもいたくない。










私も、もうそろそろ仕舞いかもしれない。







私のところの毛物たちは、私以後の生を、自分たちで全うするしかない。




でも、きっと、それを彼女彼らはうまくやることだろう。



私よりも、ずっと、うまくやることだろう。


20141118-193756.jpg

20140723-224150.jpg

20140912-222306.jpg
この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
引きこもり継続中
- 2016/05/19(Thu) -
きょうもまだ雨である.




引きこもり」 の記事で書いたように、



我が家の毛者どもが今朝も屋内を、1階への階段と屋上への階段またにかけて走り回っている.



わずかの間外に出て、気晴らししては背中を濡らせて帰ってくる者ばかりなので、



20121102-153829.jpg




ティッシュペーパーでなでながら拭いてやる.



つい、主食以外のおやつも与えがちになる.



私のようなニンゲンよりも、彼女ら彼らにとってのほうが、自然の空気が必要なようである.


20121102-182708.jpg




この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
引きこもり
- 2016/05/17(Tue) -
昨日から雨で、きょうの午後も深夜まで雨の予報で、




我が家の毛者どもは右手のケガで働けない私とともに屋内に居ざるを得ない状況にある.






ニンゲンなら、雨が降っているから、という理由で家にいたら、引きこもるな、外に行ってこい、と言われるところだろうが





猫どもには 「雨だから」 は正当なニートの理由となる.




しかし、屋内にいるので遊び足りないのか、




普段とは違うアブナイ行動をとる者が続出する.





かすかに開いた部屋のドアの上辺に跳び乗って、そこから立ち上がって、壁と天井が接するところに沿っているネット配線を引きはずそうとする者がいたり、




私の机の上でいつもは寝ている者が、きょうに限って、小箱の中の私の心臓の薬シートに噛みついて食べようとしていたり、




壁に貼ってある、娘が作った動物折り紙にさながら本物の獲物のように噛みつき引き回し、爪を立てる者・・・たしかに、小さいキリンなら猫も狩りしてみたいだろうな・・・




引きこもり、って、こう見ると、外に行く行かないはたいした問題ではなく、当事者の趣味なのだから他人がどうのこうの言うことではないとおもわれる.

問題となるのは、その結果、狭い空間の中で、常軌を逸した行動を起こしたときなのではないだろうか.



20121110-000207.jpg
この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
enkelhet
- 2016/05/15(Sun) -
毛者たちを観ていると、



大量にある通常食と、少量のたまの好物とでは、必ず好物にとびつくのがわかる.



美味いものを食べてまだ空腹でいるほうが、美味くないもので飽食するよりもよいのであろう.



同様に、自分がしたいことをするのを優先して、好ましくないことにはやむを得ない状況以外は身をさらさない.






こんな同棲者を観ているから、



私はますます身勝手なジジイになってゆくのである.



       090310_1628~01
この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
南の神経質
- 2016/05/11(Wed) -
今日は23℃でしのぎやすかったのに

明日は29℃
明後日からはまた30℃越えの予報


今日はずっと外出

なんとなくくやしいので、記事にした。



猫どもは、気持ちいい顔。



この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雷雨
- 2016/05/11(Wed) -
日本南西端の離島では、未明のいま、雷雨である.




毛者どもは、外から大粒の雨の音が聞こえると、外に遊びに行けない、ともう学習しているので、

閉められたドアの前にことさらに集合したりはしない.




雷の閃光も嫌いなようで、暗く狭いところに隠れる傾向にある.




雷を神の怒りの所作と考えた太古の人々と似た感情なのだろうが、




毛者たちは、危なそうなものを避けようとするだけなのに対して、



ニンゲンは、そこに超自然力の存在をおもい、芸術や宗教をつくってきた.



それをニンゲンの高等性とか知性とか想像力とか言うのだろうが、



私くらい歳をとると、そんな人間的能力は、もういらないな.



080418_0701~01

この記事のURL | ある点描 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ