2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
居酒屋の客
- 2017/05/03(Wed) -
        昔、大学のあった高田馬場や、実家のあった横浜や、その後に住んだ仙台や、恋人のいた博多
        とかで出入りしていた居酒屋の主人は、私のことをどう思い出すのか、と、我が家に通う猫た
        ちを見ていておもった。
         
        我が家は、猫の居酒屋のようだ。5代目を迎える猫たちが、ベランダ、台所、玄関、室内にい
        るので、それらに食事を出すのがひと仕事だ。刺身が好物のもの、キャットフードに鶏を焼い
        た油をたらしたものが大好物なもの、焼き肉命なもの、ドライキャットフードに缶詰キャット
        フードをトッピングしたものが好きなもの等々・・・

        しかし、オスは早々にいなくなる。時には、前日私の手に頭をつけていたものが朝に私の眼前
        でクルマに轢かれて死んだり、なにか事故で血を吐いて玄関前に倒れていたりする。

        そんななか、二代目であるメスがこの二週間から来なくなった。
        娘や孫やひ孫たちに遠慮するようになったのか。



        その猫をおもうように、私が毎日通った居酒屋のオヤジや女将たちも私がふっつりいかなくな
        ったときにおもっただろうか。そうなら、すがすがしい。



        いつだったか、昔、八代亜紀だったとおもうが、♪もいちど逢いたい~♪ という歌詞の歌を聴
        いたことがある。
        

「もういちどあいたい」
        そう、思うことが自分にあるのだろうか。
        いきなり喧嘩した恋人と電話がつながらなくなったときなどは、そう私もおもったが、

        いま、もういちど会いたいとおもう昔の恋人はいない


どうせ再会しても
いつかはどちらかが死んで訣れることになる
別離は所詮避けられない
あなたの死に顔見たくないから私が先に死ぬね、
と言った恋人ももういないのだ



そして、いなくなったその二代目も、彼女が生まれて、やんちゃだったころ、
        子を産んで苦労していたころ、その偉大さは私に教えるものがあった。

        恋人にしても、あのとき、あの場所の、あのときの我らだったから交錯することができたのだ。



        スウェーデンでの私の親友は、どこにそんなエネルギーが、とおもうほど、活動的で生き生きしていた。
        毎日、私なら2時間はかかるところを1時間自転車で行き、ダンスの練習をしていた。
        あるとき、私が、外国人でいわれのないことで警察に呼ばれたとき、期末試験の朝だったにもかかわらず、
        彼が試験の前に警察に自転車で行って、私がそんな人間ではないことを言明してくれた。
        そして、その他知り合いみんなに呼びかけて、大勢を同じように動かしてくれた。
        署長は、私に、「きみはいい友人たちをもった」 と言った。


その彼が、私の帰国すぐあとにガンで倒れたとその弟からメールが来た。


Jonney Nilsson


きみも偉大な私の知友だ。


もういちど会いたい、なんていわない。




ありがとう。きみのおかげで、いま、私は、いる。



s





        
この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
人の品質
- 2017/05/01(Mon) -
(本記事は、2007年10月12日に書かれたものである。)

高校時代の同学年のクラス会のサイトがあるのをきょう知った。
なつかしい名前をいくつも見た。私の記憶では、みな、高校時代のままの顔だ。


それでよいはずだ。


2年前に、高校1年のときの担任の先生を訪ねたことがあった。
その時のことを書いた旧ブログを思い出した。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆


小学生や中学生のころの私は、おとなである教師や年上の従兄たちなどに無条件の畏怖を抱いていた。

自分の知らない世界を知っている者への畏敬の念である。だれもが年少時はそうとは限らないだろうが、私はそうだった。

自分が20代30代になるにつれて、過去に畏怖したおとなたちと同じか彼らを越える年齢になって、その畏怖の念が消えて、何か滑稽な思いとともに、年配者にみていた神秘も消えていった。

そんな時、仕事で、高校1年時の担任の先生に会うことになった。
その先生は、当時は20代後半だったが、父親ほど年の離れた教師に対してよりもずっと深刻な距離感を私は抱いていた。
クラスみなが、あの先生にはかなわない、あの先生なら 「人類の標本」 になれる、と本気で思っていた。
私は、その先生とも距離感が埋まっていることを期待して、心愉しく会いに行った。

m


先生は、白髪と顔のしわこそ目に付くようになったが、立ち居振る舞いも、口調も、30年前と変わりなかった。
先生と同じように身体を鍛え、先生よりも長い期間にわたって大学で研究生活を積み、高校教師ではないものの、予備校で教え、学習図書の編集もいくつかしてきた私は、先生の人生経験に迫っているはずだと思っていた。

しかし、先生の前では、私は、やはり、毎日雑巾のようなラグビージャージを着て走り回っていた高校生時代とかわらぬ 「高みへの距離」 を感じたのだった。

人間と人間の差は、無論、年齢によっても生じうるが、それだけではない、「人間としての品質」 とでもいうようなものによってももたらされるものなのだ、と私は悟った。


社会の中で、研究室の中で、その言動是認すべからざる人間を数多く見てきたが、自分にはまだ仰ぐべき人格がこのようにある、ということを知って、往路よりははるかにずっとすがすがしく朗らかな気持ちで帰途についた私だった。


m
この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
当然に
- 2016/12/15(Thu) -
数日前の、ちょっとつかれたキーマカレーにきょうも火をいれ、そこに、

さっき買ったばかりのピチピチの牛肉をさっと炒めて投入する.






人生、こんなことが何度あったってよかろ.
この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
目覚めた人たちの道
- 2016/12/07(Wed) -
釈尊が思惟し、ソクラテスが思考したころよりは、
現代に生きる人々は、学校教育のおかげで、
ニンゲンの細胞が生まれた時から生成と死滅を繰り返し、
ついには死滅が支配するということを常識で知っているし
ニンゲンは世界規模の殺し合いを何度も懲りずに行ってき、
いまも飢えて死ぬ子どもたちが世界のあちこちにいることを
歴史を勉強することで、ニュース報道に接することで知っている。


それなのに、釈尊が覚醒した知恵や、ソクラテスがこだわった知恵を
いまだに人々が身につけられないのは・・・・・・それが、ニンゲンなのか


かつてニーチェは、「喜びよりも悲しみのほうが深い」 と言った。
確かに、たとえば、子猫を見ても、かわいい、と喜ぶよりも
それがクルマや他の動物によって早々に殺されることが 「真実」 と諦(あきら)めているほうが
自身の心を守ることはできるだろう。
しかし、たとえ、「常なるものは無い」 のが真実だとはいえ、
世界の喜びの後ろに全て悲しみを見る目もまた、偏った見方の1つだろう。





ニンゲンが、本当に、仏陀の知恵、つまり、目覚めてしまった人の認識知や
ソクラテスが追究した知識を、あたりまえのようにわきまえるようにならない限りは
政治指導者同士の、あるいは、研究機関での、あるいは、
学校や近隣同胞との、争いもめごとは終わらないだろう


釈尊が目指したのは、全ての人々が自分と同じような知恵を得て
世界全土がまっとうに動く地上の姿なのだったろう


争いこそが、競争を生み、仕事も研究も進歩させる、という考えは、
そういう状況しか知らないニンゲンならではの理屈だ。
相手を虚偽によって落し入れ、密室会議で出し抜くやり方での 「勝利」 など、
所詮は、蝸牛の争いの勝利にすぎず(あるいは単なる当事者の安逸のためで)、
そのようなものは、人類全体の進歩にも、社会善への前進にも何ら寄与しない





世界はこのようにあるのに

ニンゲンたちの間では、なぜ、「見えない」 者たちが圧倒的なのか


(本記事は2008年10月7日に書かれた)


ASURA_detail_Kohfukuji.jpg
この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
敬愛する畏友へ
- 2016/12/06(Tue) -
自分への称賛を反芻する悦びは、正しくない、尊くない。




ダレダレと肩を並べて称賛されたなら、




昔のきみだったら、机を蹴飛ばして、「おれをそんなやつらと同列にするんじゃねぇ!」と言っただろ?




昔どおりでいてくれよ、






実力を保持する者が、





世を見渡す余裕をもって。




carolina
(ウプサラ大学中央図書館.以前、私の机があった場所)
この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
芸術
- 2016/11/22(Tue) -
音楽は、いい、

目をつぶっていても、感動できる。





絵画は強烈だ。



一目で我々の心を射抜く。





それにくらべて、


文学は、


静かな宝石のようだ。




芥川龍之介がむかし言ったように、




芸術の軍配は、 


音楽

絵画、


が、


トップを占めるとしかいいようがない。



c
(ウプサラ大学中央図書館・通称:カロリナ)
この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
回答
- 2016/10/24(Mon) -
── なんで日本の大学で教えないんですか、

という最も多い質問へのこたえ.




留学先がスウェーデンのウプサラ(Uppsala)大学だったため、そこで、



日本の大学のレベルの低さを実感したからです.



もっとも、私が日本でいた大学は、早稲田大学修士課程と東北大学博士課程ですが.



前者は、私が古文献を完読して集めて作った資料の論文が、当時早稲田のだれも読めない原典だったため、学部教授会でどこかの論文の盗作だろうと一方的に決めつけ、証拠である私の勉強ノートを見せる機会を与えずに論文をボツにし、

後者は、私が、博士論文の執筆で過労で入院した合間に、私の論文の「注」の「一つ」を、コソ泥し学会発表した論文指導教授がいたありさま.
「ごめんね、使っちゃった」とその教授は言い、「こうやってあと数回ぼくを助けてくれたら、どこかの国立大学の教授に推薦するから」と下卑た笑いをする始末.

わかるでしょう. どんなに、彼らが、ゴミ、下衆、か.




日本の大学の小ささと未熟ぶりがわかったら、


受験生よ、



日本の大学を過大視しないで、そこそこのものだとおもって踏み台にせよ.



自分を評価できるのは世界のどこかの本物だ、と信じて勉強努力せよ.






この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
gunst
- 2016/10/12(Wed) -
映画 『恋する惑星』 が私の最後の青春時代だった。



30代半ばであった。




あの映画が象徴的だったのは、






恋愛の



刹那性



を描いたことだった。





だから、




我々は、





恋愛にいそしんだのである。





人生の速さに負けないように恋愛を。






それは、その後、スウェーデンに移り住んだあとも、正解の意志だった。



carolina
(ウプサラ大学中央図書館、通称 カロリナ. ここにあった私の机で4年終日勉強した.)
この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
荒野で叫び謳う
- 2016/09/20(Tue) -
きょう、ひさしぶりに人が大勢いる場所に出て、待合室みたいなところでやむを得ずテレビを観ていた.

そうして、NHKアナウンサーと相手の話を聞いていて、わかったことがある.


日本人は、相手がそう思いたい方向に沿った話し方をするものだ.たとえ、自分の見解がそれとは多少違っていても、相手の話にうなずき、その趣旨に沿いながら、自分の見解は言わずにいて、いよいよ亀裂が避けがたくなったところで、それを修正する可能性はどうでしょうか、と持ち出す.


私は、スウェーデンの大学では、討論の訓練も受けた.
相手の話に対するいくつかの応答例があって、どれが最もよい応答かを説明され、そう話すように教えられた.その教えの1つが、要点を冒頭に言う、ということがある.


しかし、それを日本人相手に行うと、自分の見解にご満悦の相手に冷水をぶっ掛けるようなことにもなりうる.


それでヨーロッパ流でよいわけなのだが、日本では、自分とは異なる意見を正面から言われると、自分の全てを否定されたかの如くこちらを憎み敵視する単細胞な頭脳の持ち主が大勢いる.

他の日本人と同様にナアナアだったスウェーデンに行く前の私は、帰国してからは、一時雇われ頭脳をしていた東京の出版社でも、沖縄のNPO団体でも(職員は内地出身者である)、私は、別に相手のニンゲンをどうとも思って発言しているのではないが、相手がご満悦の企画や行動を、「そんなことは・・・・・・だから、やめるのがよい」 とあっさり断言した結果、ニンゲンとしての私を憎まれ、とんでもない誹謗や、嘘ばかりからなる中傷、という仕返しを受けたものだった.


私は、だが、自分のそんな発言習慣を今後も改めるつもりはない.だから、ここで若者相手にも好き勝手なことをしゃべるために、勉強を教えているようなものだ.

私の任務は、人が気づかないことを天が下に告げ知らせること、人が手を出さないことを敢えてすることだと明らめている.これからも、野によばわる者としての生を全うするつもりだ.


s



(本記事は2009年8月20日に書かれた.)

この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
進化
- 2016/09/10(Sat) -
私は身長は高くはないが身体は大きい

身長は先天的だが、身体の大きさは後天的 いや

私の人生の選択の結果だ


頭脳も、自分が十代終わりの頃に憧れたそれに現代の地上では可能な限り近づけた



残るは、未知なる「老い」と「苦」と「死」の学習である。

この記事のURL | 我が基層 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ