2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
風呂
- 2014/10/01(Wed) -
(2006.6.2.記)

子どもは風呂が好きなのか。
父親とは入浴嫌いだったというアキラは、私とは風呂に入りたがった。
別に一緒でも私は何をするわけでもない。
彼は、浴槽に潜って、私のペニスを引っ張ったりして遊んでいたし、私は、彼を肛門も睾丸の裏も(というのも、そのころしばしば掻いていたから)よく洗い、湯上りは自分が使うシーブリーズを彼の身体にも振りかけたくらいのことだ。

もーも、私と風呂に入りたがる。
しかし、私は、彼女の身体には、アキラの時のようにはさわらない。
お尻もよく自分で洗えよ、と言うだけだ。
頭を洗った彼女にシャワーをかけると、泡が流れた彼女の視界に最初にとび込むのは私のペニスらしく、それで彼女はわははと笑う。
彼女は私の匂いをかぐ。
父親の匂いは、「お酒とタバコ」だそうだ。私の匂いは、ずっと、どうしてもわからない、と言っていたが、いまはもうわかるそうだ。どんな匂いかは、教えてくれない。

――――――

この 「もー」 も、もう大学生になった。
一昨年私の島に来たときは私の前でパンツ一枚になって着替えしていたが、そのうち、いい恋人を見つけてほしいものである。沖縄ではいらないからという理由で彼女の家に預けてある私のスウェーデン製の革コート二着は、その未来の彼氏にあげる予定である。

13082006(109).jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2014夏終り覚え書③
- 2014/09/19(Fri) -
身体



     塩化ナトリウム点滴1リットルにて回復

     血液検査異常無し



頭脳



     やむを得ず日本語の文章書く機会多し。退屈なり。

     子どもに教える英語もセンター試験廃止間際にますます易化。
     これも退屈なり。





        

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2014夏終り覚え書②
- 2014/09/19(Fri) -
爽快な飲料ベスト2



     大量発汗後の無添加豆乳500ml. ボトルか2~5℃の冷水

     無論、一気飲み。 ビールは次位。





この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2014夏終り覚え書①
- 2014/09/19(Fri) -
急な買い物はいつも



     共棲者達用刺身と自分用ウイスキィ





この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
字幕嫌い、あるいは、「欠陥翻訳時評」賛
- 2013/10/28(Mon) -
私が高校生時代に愛読していた(株)研究社の雑誌に、


上智大の別宮貞徳先生の 『欠陥翻訳時評』 という記事が毎月掲載されていた.


高校生だった私は、


先生が理詰めで 「誤訳」 と断定した個所のみの記事であるにせよ、


世間の翻訳とかはこんなに阿呆な人たちが従事しているのか、ホントかな、などと、


多少は眉唾で読んでいたものだった.




その後、私も、外国語の道に進んで、


別宮先生の記事は、たぶんに理性で抑えたものであって、


短気な私だったら、



こんな阿呆どもに原稿を頼む編集者もド阿呆だ!



などと怒って文章さえ書けない世間事情であることがわかった.



私は、英語とドイツ語とスウェーデン語ほか北欧語がそれなりにわかるので、



もうそれらの翻訳図書は読まないものの、



映画は仕方なく字幕を読まざるをえないこともある.



明確な誤訳などでなくとも、根がせっかちな私は、単に、訳語が脈絡にそいきっていないだけでもイライラする.



アメリカでリメイクされたスウェーデンの少女ドラキュラの映画でも、



少女が親しい少年に自分がドラキュラであることが少年の出血でわかってしまった場面で



字幕は、"Försvinn!" を 「早く行って!」 と表しているが、



当然、その意味は、「私の前からすぐにいなくならないとあんたの血を吸っちゃうよ!」なのだから、



「消えて!」


とその単語の基本の意味通りに訳せばいいのだ. あるいは、「私の前から消えて!」.





少年がチラシ配りをするから、と少女の前から去ろうとしたときの少女の



"Tjärnar du pengar?" も 「バイトしてるの?」


だが、「それってお金になるの?」 が文脈からして正当だ.そのあとで、少女は札束を差し出す.






こんな程度で映画に没頭できない私に比べれば、



別宮先生の記事は、理詰めで、完全な 「誤訳」 だけを指摘していらした.



私は上智に進まなかったし、先生にもお会いしたことはない.




しかし、



私も翻訳書を遺した.





いつか、先生にどこかの世でお会いしたら、




若いころの私によき薫陶をくださったお礼をいくらしてもしきれない.








20130612-153455.jpg









この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
facebook などしていないのに
- 2013/07/07(Sun) -
ここを訪れる人で、私を知っている人にしか意味はないが、私の名前でネット検索して出る 「〇〇〇(私の本名)」はFacebook を利用しています。・・・という表示は事実ではない。そんな虚偽表示に利用される程度なモノなのかとおもうと、さらに関心ない。私は、グレムリンたちの世話で忙しい。

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
愛するもの
- 2013/02/16(Sat) -
子どものいる人に

「私には猫たちが子どもだ」

と言うと、半分軽蔑半分憫笑される。



私は、以前、小学低学年の男子と、その後、小学中~高学年の女子と

生活をともにし、その保護者として行動したことがあるが、

その時の経験は私の人生で珠玉の宝であるから、

ましてや、我が子と暮らす世間の大部分の人は、

さぞや、愉しく心膨らむ幸福のうちに日々送っていることだろう。




スウェーデンで、

私は、北朝鮮の娘を養女にしている家庭を知った。

脱北した親の子どもなのか理由はわからない。

スウェーデン語もちゃんと話せるのかもわからない。

その子どもは、ベランダにウサギを飼っていて私にさわらせてくれた。

そのスウェーデン人夫妻にとって、

髪も目も肌の色も違う子どもを養育するということはどういうことなのか。






生きるものをたいせつにおもい養う



無論、猫は、世間の役に立つ猫に養育することはできないし、

私を喜ばせるような善きことをしてくれそうもない。

私がもうろくして介護してくれることも期待できない。



しかし、そんなことは、かつてともに暮らした男子と女子にも同じことだった。


彼と彼女にはべつに血の繋がった親がいて祖父母もいた。



だが、それでも私は、彼と彼女を愛し、たいせつに護ろうと心くだいた。



その気持ちは、いま、猫たちに向けられているものと根本は同じだと思えるのである。





まぁ、私は、今後も、周囲から軽蔑憫笑され続けるのであろう。




17072006(004).jpg



20121117-185403.jpg



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ふるさと
- 2010/01/01(Fri) -
私は神奈川県横浜市の出身である.

しかし、19で独立生計を営むようになってからは、横浜に帰省したのは両手の数ほどもない.


家族、は、言うまでもなく血の繋がりあるものたちだが、


私は、人生で、家族に劣らぬ絆をもった 「血の繋がりのないものたち」、すなわち、


昔の恋人たちや、そのうちのふたりの子ども(私の、ではなく)二名の、つまり、



私が愛したものたちの存在が、


私自身の人生と同じくらいにそれぞれ重く尊いので、

血縁、ということだけでは、私は自分を取り巻く人々に優先度をみとめない.


血縁者ほど、かえって、残酷だったりすることもある.




そんな私も、二度と戻らないつもりでスウェーデン留学に旅立った直前に、


横浜の港の見える丘公園から中華街へ、当時、食事をともにする程度にはたくさんいた女友達の1人と出かけたのだから、やっぱり、私にも、ふるさとへのおもいは深くあったのかもしれない.




しかし、その後、ウプサラで、

あるいは、帰国して一時滞在した仙台で、

そして、十年ぶりくらいに、学生としてではなく住んだ東京で、

私にはまたさまざまなことがあったので、それらの場所もまたふるさとに劣らぬ重さと尊さをもつにいたった.無論、いま住んでいる宮古島もまた、そのような場所になっていることは確実である.




尊いもの、
それは、人生にいくつもある.
そう生きさせよ.


m
 (筆者2007年夏撮影) 


〈付記〉 近頃、原語にあった発音ということでさまざまな人や、最近出版されたスウェーデン関係の図書では、Uppsala を 「ウップサーラ」 と表記する事例が増えてきている。確かに、Uppsala大学でスウェーデン語を学んだ私は、Uppsalaという単語だけを発音した教師の口元と音を正確にいまも覚えている。促音も長音もあるといえばあったが、それは、「ウップ」 と 「サーラ」 と言うことの前者は三分の一くらい、後者は半分くらいの促音と長音だった。しかし、それも、Uppsala universitetと言うときには、促音も長音も消えてしまう。i Uppsalaと言うときは、前の促音がほとんどなくなる。だから、「ウップサーラ」 は正しくはない。
田中美知太郎先生は 「ソクラテス」 と表記し、「ソークラテース」 とは書かれなかった。原語と違う発音は困りものだが、なんでもかんでも拡大鏡で見るように撥ねたり延ばしたりする片仮名表記もまた衒学者ぶっていて見苦しい。ゆえに、私は、いつまでも 「ウプサラ」 と書く。

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
恋人のことば
- 2009/11/15(Sun) -
(本記事は2007年9月19日に書かれた.)


プロ野球の元巨人軍監督の長嶋茂雄氏の奥様が亡くなったそうだ。

私は、それを今朝の近所の主婦たちの立ち話で聞いた。

女性たちは、一様に、「64歳はこれからなのに」「奥さん、かあわいそう」 と言っていた。

わたしは、それらだけを聞いて、てっきり死んだのは長嶋氏のほうかとおもったくらいだ。

それとも、女性たちだから死んだ奥様に同情してみせたのか。


私の昔の恋人たちの中には、遊んで回るだけの相手から、
将来を語り合った相手もそれなりにいた。


私が最もいたわった相手は、「死ぬときはわたしが先に死ぬね。だって、あなたの死に顔は見たくないから」 と言っていたずらそうに微笑んだ。

わたしは、そうなればよい、と願った。老いて自分が急に独りになったとしても、その孤独を彼女は味わわないですむ。


その後、彼女は不治の病にかかり、私たちはもはやともに生きられなくなった。


g

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
どこへ行くか
- 2009/07/21(Tue) -
既に何度も書いたように、
私は、沖縄の八重山地方のある島の 「研究所」 と称するところに来たが、
そこが、
環境省の仕事は、海に出るときは人数分以上の1個1000円の弁当とビールを船に積み、
そのときだけは 「職員」 が出向き、
あとの砂ふるいはすべて旅行者や学生研修者に 「宿泊費の代わり」 と称して作業させたり、
酒宴では、旅行者の女性を 「うちのホステスです」 などとたわけて酔った島民にさわらせ自由にさせていたり・・・
「職員」 といっても、20代後半と30代前半の若者男性だけなので、好きにし放題なのは、
理性がないのに権限のみ与えられた子どもの我が儘そのままそのままで、
これ以外にも、
暴行、口裏あわせの虚偽、本部のNPO団体への虚偽報告(彼らは、その団体から給料を得ている)
このような、肝っ玉の小さい、虚偽でぬくぬくと安楽を貪って生きていて何ら反省するところのない若者と、
それを放置して顧みない東大客員教授の自然科学者と

そのようなものたちとのつきあいに呆れて島を出た私だったが、

その、 「職員」 が、
「ばくは、前の会社の営業で早朝出勤をして先輩のデータを盗み見て営業トップの成績をあげました」 とか、
「こんな島の人々をだまして支配することなんかカンタンですよ」
と言っていたことなども、そのような言葉を口にすることの異常さを理解しない頭脳のいびつさもまた、
この世の悪と愚かさがなくならない理由の1つだとしみじみおもう。

私は、スウェーデンで4年ほど研究生活をして、
そこでの生活や人々について語る機会があったので、それを記事にもしようとこのブログを始めた。
しかし、日本の中だけでも、この1年で私が経験したようないびつな精神が一部にあり、
それは、なにも、外国と比べなくても、一 「人間」 として異常、と言い得るべきものだった。

それが、今後の私の思考の中心になる。別の場所を設けるとしても。


世間には、
自分には理解できないことがある、ということを理解しない者や、
他人の情報を盗まないと安心できない者や(上記の 「職員」 は、私の携帯電話のデータまで盗んだ)、
自分にない能力をもっている者を排斥するしか防衛手段を持たない者とか、
金でしか価値を図れない者とか、
自己保身を信義よりも重んずる者、などなどが溢れている。

このような世界で、我らは、それでもなお、正しく、有益に生きるにはどうするべきか

それこそが、いまの、私と、私の周囲にいる者たちの課題だ。


ap



(本記事は2007年12月28日に書かれた)


この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ